男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

30歳男性の医療事務員 誕生の話

最初のブログに書いた通り、そこまで望んでいたわけではなかった
医療事務という仕事ですが、面接に通って採用してくれるなら
ありがたく働かしていただこうと思いました。


だって、この時代に転職4回目の無資格、未経験、三十路前の男に
働き口があるだけで幸せと思わなくては。

 

地方に転勤異動も嫌だったし(笑)

家族も養わなくちゃいけないから。



採用が決まったから、前職の退職準備。
引き継ぎに有給消化にとなんだかんだで2ヶ月以上かかりました。
強引な引き継ぎをした女性先輩には申し訳ないと思っています。



退職交渉も面倒だった。これはどこの職場でも同じですね。
人が一人いなくなるのだから。



でも丁寧に、地方に行きたくないことを説明して認めてもらいました。
最後には送別会までしていただいて本当に感謝しております。


やはり、後腐れなくやめるっていうのは大事だと思います。
ちゃんとやめていたので今でもたまに連絡が来て近況報告をしたりしています。

 


そんな感じで30歳手間にして、未経験の医療事務をする事になったのです。