男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

30歳男 未経験から医療事務資格の勉強方法

医療事務として働くにあたり勉強が必要だと考えたのでとりあえず近所の本屋に行って医療事務関係の本を何冊か読んでみました。

まぁ、予想通りですが意味不明でしたw

 

Studying

タイトルと内容が一致していないじゃないか!

タイトルに「だれでもわかる医療事務」とか「初心者からはじめる医療事務」みたいな本を手に取ったのに意味不明なんですよ。僕の脳力が足りないのかもしれませんw

読んでみても受付・カルテ・レセプトをやる。それくらいしか書いていません。僕だって知っています。働くのってそんな簡単じゃないだろう。

千円ちょっとで全てがわかるもんじゃないなと感じたので、もう少しお金を出して勉強する方法を考えてみました。だってこのままじゃ戦力外もいいところですからね。

医療事務の勉強をする方法

調べたところ医療事務の勉強をする方法は以下の方法があります。

  1. 高校後に進学するいわゆる専門学校。
  2. その専門学校などが運営している社会人が通う夜間学校。
  3. 資格取得を目指す予備校みたいなところ。
  4. 通信講座。
  5. ハローワークがやっている講座。
他にもあるかもしれませんが僕が調べた感じだとこんな感じ。

僕が選んだ医療事務の勉強方法はこれ!

1、2、3については、
  • 退職の引き継ぎ中だったこと
  • 時間がかかりすぎること
  • 費用が高すぎること
などなどその他の要因が重なり断念しました。2ついては都内や都市に住んでいる人なら可能な可能性があります。
ただ、30歳のおっさんが今さら専門学校で2年も医療事務を学ぶのは、18歳の女の子がたくさんいるので、ちょっと勇気がいるけど、ちょっと楽しそうだw

ハローワークでもやっているみたい

もよりのハローワークでも医療事務の勉強はできるらしいです。しかもお金がもらえます!!とてもうらやましい…。失業給付の手続きの一環で行っておりますので次の勤務先が決まっている僕はハローワークのお世話にならないので断念しました。

消去法でしたが、時間的にも費用的にも可能なのは4の通信講座となりました。なので、通信講座について更に調べてみることにしました。

医療事務だから通信講座ですよ。

もっと難易度が高い資格を狙ってるならそれなりの費用と時間を検討してください。社会人になってから、簿記の勉強するかと思った時は日商簿記2級までは大原とかタックとかの通信講座でした。
1級の時は流石に通信講座では無理だろうと、自宅から通える資格の学校的なところに行きました。