男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務の残業 その他の働き方について

自分が働いている病院では水曜日と土曜日の午後及び
日曜日・祝日が休み(外来休診)となっています。

そして医事課員は全員直雇用のプロパーです。

人数にすると20名ほどで、正職員(正社員)が
ほとんどで少数のパートさんがいます。

またどこの医事課でも同じだと思いますが
圧倒的に女性が多いです。(7割以上が女性)


そして、当直勤務もありません!!


ここが年収が低くても決めた条件の一つですが
当直だけは外部に委託しているので日曜出勤や夜勤がないんです。


男性職員だと通常、他の病院では夜勤が
必ずあるはずです。

残業については、人によって違いますが
自分の病院の正職員の場合平均すると
20時間~30時間の間ではないでしょうか。


時期にもよりますが遅くても7時には、
ほとんどの職員が帰宅しています。


自分の病院では急性期病棟担当以外
日中の“受付”“カルテ”“点数計算”“会計”
などは全員ローテーションで行います。

そしてそれ以外に担当業務を持つ感じです。
担当業務としては


・各病棟
・外来レセプト
・会計
・書類
・自賠
・労災
・訪問
・庶務
などがあります


自分は外来レセプトの担当ですが
残業時間は大体25時間~35時間の間です。


レセプト担当は忙しくて深夜になるとかネットで
書いてあったりましたがそんなこともありませんでした。


なんでこんなことが可能かというと外来レセプトの
大部分を外部に委託しているからです。


月末月初になると外部の人がやってきて
カルテとレセプトのチェックをしてくれます。


これは働く方にとってはありがたいことでした。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 医療事務