読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

病院・医療事務で働くメリット。福利厚生・医療費補助について。

病院環境 設備 イベント

自分が働いている病院では福利厚生の一環として医療費個人負担分(3割)の全額補助があります。あまり給料は高くない病院ですが、この福利厚生は従業員満足度も高いようです。

この制度はよく利用しています。

体調不良で受診した時に処方してもらった薬を紹介するよ。 - 男性医療事務員の戯言

 

f:id:sasakimaruo:20160716225630p:plain

 

病院によって福利厚生の中身は当然違います。

近隣の病院では3,000円までは自己負担で、それ以上に医療費がかかった時には全額補助となるそうです。 なので自分の病院の制度には驚いていました。転職してきた人に聞いても医療費の負担は様々なので面白いですね。

感覚で言ってしまえば半分くらいの病院が医療費の全額補助をしているのではないでしょうか?それ以外の病院では上限だったり入院のみだったりと独自ルールを設けていますね。

でも、上記の病院では3,000円を超えたら、家族分(扶養者)の医療費も無料になるそうです。これは良いサービスのような気がします。

自分の働いている病院では家族分は対象外です。

たとえばこんな時は医療費は全額補助です。

風邪気味の時。ちょっと熱があるとかノドが痛いなど。病院で働く以前だったら、病院はお金もかかるし、少しくらいならドラッグストアで市販の風邪薬を買っていました。

後は、しっかり食べて早く寝る。

しかし、現在は内科を受診して必要であれば検査をして、処方されて薬を飲んでいます。必要があれば入院もできます。 薬代も全額補助です。

例えば、休日に運動をしていて、捻ったり転んだりして体の一部が痛くなっていても、通常であれば自分で湿布を買ってきて様子見していましたが、現在は整形外科を受診してレントゲン撮影をして痛み止めや湿布を処方してもらいます。

最後は本日のまとめ。

やはり、現役世代で3割負担だと、そう頻繁にく病院に行くのはお財布にも響きますし、病院は混んでいるので時間的にも、出来るなら行きたくないですよね。

それが仕事の合間に受診できます。
医療事務に転職して良かったことの一つです。

こんな転職動機があってもいいのではないでしょうか?

転職リンク。

やっぱり転職ならマイナビエージェント

事務の求人ならリクナビNEXT

在宅・時短のお仕事はママワークス

正社員、契約社員の仕事情報から探す【バイトルNEXT】

最大50万円の転職祝い金がもらえる。キャリコネ転職サービス

面接確約!転職するならMIIDAS(ミーダス)!