男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

未経験の医療事務をここまで続けてこれた理由。

30歳手前で転職をして未経験から医療事務としてのキャリアをスタートしました.

入職当時は右も左もわからない、正真正銘の戦力外でした。今日はそんな未経験の戦力外人間について書いてみたいと思います。

 

f:id:sasakimaruo:20160527235421p:plain

この人がいなかったら今の僕はありません。

入職して間もなく教育係になってくれました。正真正銘の戦力外なので本当に苦労をかけたと思います。

そして、この教育係の先輩がいなかったら今の僕はいません。もしかしたら仕事が嫌になってまた転職していたかもしれません。なので大変感謝してます。

どの病院や会社でも入職直後は使い物になりません。仮に経験者でも、それぞれのやり方や社風に慣れるまで時間が必要です。

自分の教育係は40代の男性でした。年齢は一回り以上離れていますが、落ち着いており大変勉強になる事が多かったです。

教育係の先輩は利用して使いまくろう!

僕の後に何人も入職してきましたが、誰も教育係も利用方法がわかっていません。

教育係としてマンツーマンで手取り足取り教えてくれるのだから、遠慮せず、なんでも質問して吸収するべきです。

入職当初の目標は、教育係が答えられない(わからない)ことまで質問をしまくるという事でした。

そうすることで、職場でどこまでの知識が必要か知るからです。人よりも一つでも二つでも知識を掘り下げていけば必然と頼りになる存在になっていきます。

半年もすれば、メンバーとして業務に滞りなく出来るようになりました。目上の人は上手に使っていきましょう

自分が教育係になった今、ちゃんと教育係として利用されている?

今度は立場も変わり僕が教育係となり、それなりの人数を新人教育してきました。

しかし、僕が教育係の先輩を利用していたほど利用されていないと感じます。ちょっと少ないです。

忙しいのが理由で、新人も質問を遠慮していたらこんな不幸なことはありません。ドンドン質問出来るように普段から暇そうな空気を出して行こうといます。結果的には、たくさん質問してもらった方が医事課全体の底上げになります。

あわせて読みたい新人教育記事

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com