男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

レセプト点検の限界

レセプト時期になると診療内容について
医師に確認することが出てきます。

そんな中で決まって出てくるのが、
医師は患者の状態把握・体調回復の為に
行った投薬・検査がレセプト請求するに
あたって請求不可能な事です。

同じ内容の検査を複数回行っていたり、
そもそも認められていない検査
(ピロリ検査などが多いです)をしたり。

医療事務員としては明らかに請求できない
ものは、ルールとして請求できないと伝えるのですが、


医師によっては

「必要な事をしたまでです。
必要な事してなんでいけないのですか?」

と、開き直る事もあります。

そんな時は、こちらでできる限りの
細工はするのですが(笑)

これは、日本の医療保険制度及び診療
報酬制度に問題があるから仕方ない事です。

今の自分に出来ることは、
なるべく正しい内容で、
正しいレセプト請求を行うことです。

厚生労働省に文句を言える立場では
ないので、そんな構造的問題はもっと
偉い人に任せましょう。今のところは。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 医療事務