男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

仕事をする人と作業する人

仕事をする人と作業する人の違いについて書いています。

仕事の定義。仕事をする人作業する人について。

毎日毎日仕事に行って疲れて帰って寝る。大して変わり映えのない同じような毎日の繰り返し。それで良いのでしょうか?30歳になって仕事と作業の違いについて考えてみました。

  • 仕事とは自分で創意工夫をし会社に示して全体を良くしていくこと。
  • 作業とは言われたこと決められたことを行っていくこと。

つまり作業を確実に行うことは仕事をする上で大前提なのです。ネットで調べたらいろんな人が仕事と作業の違いについて書いてました。

では、30歳の男性はどうしたら良いのでしょうか?作業ばかりしている男性医療事務員になっていませんか?作業するだけで手一杯になっている人に未来はないです。ちゃんと仕事しませんか?

医療事務で考える、仕事をする人作業する人について。

では、医療事務において仕事とはなんでしょうね? 作業はたくさんあります。決められたルール。受付・会計・カルテ・レセプト等。

作業だけして仕事をしていた気分になっていたのです。これは悲しい現実。なので2015年は一つ一つの作業は確実に行い、さらに仕事が出来るよう毎日考えて行動していきます。