男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

前立腺癌薬ザイティガ錠と前立腺肥大症に伴う排尿障害薬ザルティア錠は似ている名前なので要注意。

薬剤はとてもたくさんあります。どんな薬剤師でもすべての薬効を覚えるのは不可能です。

自分は比較的、病院や薬とは無縁の健康体な生活を送っていたので医療事務として仕事をはじめた時は薬剤の種類の多さにびっくりしました。

湿布だけでもたくさんの種類がありますよね。「ロキソニン」「インドメタシン」「アドフィード」などなど。

f:id:sasakimaruo:20160418162641j:plain

同じような効果で同じような種類の薬がたくさん販売されています。

上記の湿布に限らず「ロキソニン」「インドメタシン」「アドフィード」等の違いを明確に答えられる一般の人はなかなかいません。

ではなんで似たような薬が様々な製薬会社から製造されているのでしょうか?

それは、「儲かる」からでしょうね。

製薬会社の営業さんは毎日のように病院に来院して医師と面会して自社の薬剤を処方してもらえるように頑張っていますよね。

前立腺癌薬ザイティガ錠と前立腺肥大症に伴う排尿障害薬ザルティア錠

少し前の事ですが、タイトルのように似た名前の薬が発売するについて製薬会社から注意の案内が届きました。

前立腺癌薬ザイティガ錠と前立腺肥大症に伴う排尿障害薬ザルティア錠です。名前は非常に似ていますがザイティガは癌に対する薬ですので算定時にも加算できるものがあったりします。

まぁ良いんですよ。似たような名前だろうが、似たような効能だろうが、こっちは間違えないように確認しながらひとつひとつやっていくだけですから。

でも、一般的な素人意見から言わせてもらうと、似たような名前つけておいて注意の案内を出すなんて…馬鹿なのか?

もちろん薬剤名については様々な諸事情がある事と思いますが、一般的な素人の考えではありえない事ですよね。

ディズニーランドの隣にディズニーパークと言う施設を作っておいて間違えないでくださいねって言っているようなものです。



案内のPDFのリンクです。
ザイティガ®錠とザルティア®錠の販売名類似による取り違え注意のお願い

この薬で、病気に困っている人々が少しでも良い生活を送れると良いですね。

医療従事者は間違えて取り扱わないよう細心の注意をしていきましょう。