男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

30歳の男性が未経験で医療事務を行う上でユーキャンなどの資格は必要なのか?

今日のテーマはこのブログのタイトルにもなっている30歳の男性が未経験で医療事務を行う上でユーキャンなどの資格は必要なのかについて書いてみたいと思います。
 

f:id:sasakimaruo:20160522161422j:plain


自分は2年間、医療事務という仕事を行ってきました。その中で資格の必要性を感じた事はありません(。・ω・)ノ゙


資格取得者だから給料が増える事も無いですし、医師の様に資格が無いと仕事が出来ない事もありません。でも、資格を勉強した事に関しては良かったと感じることは多々あります。点数本の参照の方法や教科書において実際に使用されるポイント等です。


自分は医療事務の資格はどれも同じだろうと、ユーキャンを開始しまいました。ユーキャンのレセプトを手書きで作成させるスタイルには困ってしまいました。実務とかけ離れてるのです。


ユーキャンの出来事については以前も書いていますのでそちらも参照してください。右のカテゴリ別アーカイブからか下記にリンクを貼っておきます。

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com


なので、資格は特に必要ないですが、資格を取得するにあたって行動した勉強は生かすことが出来る可能性がありますよ。って感じです。


それよりも普段の業務の中で必死に勉強した方が、評価も上がりますしその職場のやり方もマスターできると思います。資格を取るための時間を、仕事にあてた方が貢献度は高いかと…。


30歳(30代)の男性医療事務員は他にやるべきことがあるんだと思います。きっと。査定の情報や、併算定不可の情報。保険証の見かた等は大事だけれども必要ではないのです。部長は実務未経験者です。


上に行く気があるのなら、30歳(30代)になったら実務は出来る人に任せて課全体を見るための能力を少しずつ養っていく大事な時期になるんだと思います。みんなが働きやすい環境をどれだけ整備して行けるかを考えておいて少しづつ実践していけるように日々の仕事にあたっていけたら良いと思います。