男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

新薬!!タケキャブに注意です。レセプト点検の時期になってきました。

さてさて今月も忙しい日々の始まりです。
医療事務員の皆様、頑張って乗り越えて行きましょう。

今月の主な注意点と言えばやはりタケキャブです。タケキャブは2月の末日に発売された新薬ですので処方は14日までとなります。またネキシウムなどともほぼ同効果があるので同時処方は査定の可能性があるそうです。

 

f:id:sasakimaruo:20160424124155j:plain



タケキャブの説明は下記の通り

 2014年12月26日、プロトンポンプインヒビターPPIボノプラザンフマル酸塩(商品名タケキャブ錠10mg、同錠20mg)の製造販売が承認された。適応は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍など従来のPPIと同様の胃酸関連疾患であり、詳細な用法用量は添付文書で参照されたい。

 PPIは、胃粘膜壁細胞の酵素H+,K+-ATPaseを阻害し、H2受容体拮抗薬よりも強力に胃酸分泌を抑制する薬剤である。臨床現場で20年以上の使用実績があり、逆流性食道炎などの胃食道逆流症をはじめとする各種消化器疾患の第一選択薬となっている。

 しかし近年、PPIの使用頻度が年々多くなるにつれ、(1)酸による活性化が必要なため効果発現に数日間の服用が必要、(2)肝薬物代謝酵素CYP2C19による代謝の影響があり、投与患者により血中動態および作用に大きな差異が認められる、(3)夜間の酸逆流を抑制するには作用時間が不十分――などの問題が生じてきた。このことから、専門家の間では従来の薬剤とは異なる新しい胃酸分泌抑制薬の開発・承認が熱望されていた。



長いですね。すいません(笑)

より詳しい情報を知りたい人はググってください。たくさん出てきます。
一応、添付文書のURL載せときますね。
http://www.takedamed.com/content/medicine/pdf/takecab.pdf

新薬なので査定傾向も不明点がありますが、上記に書いたようにPPIの併用(ネキシウムとタケキャブ等)だったり、処方期間に注意して行きたいと思います。

自分が働いている病院では今月から処方開始で何人か既に投与されている患者さんもおりました。

また、新たな情報が入りましたらお知らせしますね。

 

※発売から1年経過しましたので長期投薬が可能となりました!

 

www.office-iryoujimu.com

 




医療事務員必須です。

守備範囲が広くなります。