男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務員必須の診療点数早見表を読んで確認してから質問しましょう。

僕くらいの経験年数(4年)にもなってくると後輩も増えてきます。

すると不明点があった時などいろいろと質問される事も多くなってきます。本来はフリーの時間だったので自分の仕事を進めようと思っていたのに、フォローをしていたら時間が無くなる事も多々あります。

Question 1

 

なんでも聞いてこない方がいいよ

最近、わからないことがあったらすぐに聞いてくる人が多いです。

僕に質問すれば何でも教えてもらえると思っている人が何人かいまして、診療点数早見表を見れば書いてある事もどんどん聞いてきます。

確かに診療点数早見表は分厚くページ数も多いので慣れないと探したいページが見つけられない。という事もあるでしょう。

診療点数早見表が使えない人もいる

そんな少々癖のある診療点数早見表ですが、医療事務員たる者これを読まずして何をすると言うのか?と、ときどき思うことがあります。

何回か自分で調べるよう注意してもなおらない新人は教えちゃいます。やる気のない人間には優しいんです。

少なくとも、質問するのに診療点数早見表を持ってきて「ここに書いてある事が良くわからないんですけど、この考え方で正しいですか?」くらいにはなってほしいんですけどね。

まぁ向上心のない人には徹底的に教えますけどね。

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com

診療点数早見表を制するものが医療事務を制する

医療事務を行うには必須の診療点数早見表。

この本をどれだけ正確に理解しているかで仕事の進め方は大きく変わってきます。

医療事務を行うのにこの本を読んでマスターしていたら向かうところ敵なしの最強医療事務員なんです。

必要なことはだいたいこの本に書いてありますからね。

医療事務をやると決めているのであれば、この本だけは自分専用で持っていた方がいいと考えています。