男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

ちょっとだけ。ちょっとだけど、変わってきてるのかもしれない。

勘違いなのかもしれませんが少しだけメンバーが変わってきたのかなと思います。もしくは偶然かもしれませんが。 人が動いて空気を動かすのは簡単ではないが、やり続けることにより結果は出てくるもんです。継続は力なり。動かない岩は無い。なかぬならなくまで…。まぁなんでも良いですが(笑)


何をするにもいまいちな新人が変わってきました。愛の無い言葉で言えばゆとりのあまちゃんですが理解するまで何度も何度も怒らずに優しく優しく伝えてきました。新人を教えるって事に関して怒るってことは意味のない行為なんです。


こちらの要求通りに動いてほしいのに思い通りにならない。そこで「なんで言った通りにできないんだ?」って怒る意味は無い事に気が付いてほしいですね。自分の能力の乏しさのせいなんです。自分に怒ってください。最近読んだ仏教系の本にそんな事が書いてありました(笑)


最近のテーマは「ひたすら教える」です。


自分には理想の医事課というビジョンがあるので、それに向かって日々新人を教えて育てて、自分も負けないようにしているんです。下っ端ですができることはたくさんあるんです。数年後に花を咲かせるために今は種を蒔く準備をしているんです。


医事課の半分が入職1年未満と言う悪い状況の中で出来ることは限られますが(自分だって3年未満ですし)なんとか踏ん張って行きたいです。何かふとしたきっかけで人は変われるものです。きっかけをつかむ手助けが自分の行動だったり言葉であったら良いと思います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 医療事務