男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

批判や反論するだけの人。それで偉そうになるのは間違っていますよ。大事なのは自分の意見なんです。

とりあえず批判や反論すれば良いや的な人の空気ってありますよね?多数の人が目にするようなテレビ・新聞・雑誌・ウェブなどのメディアのみならず、学校のクラスとか職場とかそれくらいの小さなグループでも。


出る杭は打たれるって言いますが、自分は昔から出る杭のタイプのようで良く批判や反論の対象になります。だって今より良くなる方法や理由があるのに提案したり改善したりしない理由はどこにあるのでしょうか?


自分が前職の大企業の子会社時代に嫌だった部分でもありますね。会社なので何をするにも決裁が必要なのはわかるんですが、一つの提案を通すのも「係長」→「課長」→「部長」→「取締役」→「社長」と長い長いハンコを待たないといけないのです。


それも伝達が上手くいかないから係長に説明したことを課長にも説明して部長にも説明してってなるんです。考えただけでも嫌になりますね(笑)同じこと何回も説明させんなよって思ってました。そんなことやってるから日本の大企業がダメになってしまうんでしょう?公務員にも同じようなことが言えるらしいですが自分は公務員になった事ないのでわかりません。


外国人だと自分の意見を言わない方が叩かれるらしいですね。


良いんですよ。自分は別に反論や批判の対象になったって。そこから何かしら改善されたりして今より良い状況になるんなら。そのための行動や意見でしょう?でもね、自分の意見が無いのに反論や批判だけをする人や、何も言わなかったのに後になってから仲良しグループの内輪で陰口や悪口的な事を言う人がいるんですよ。


変える事や変わる事などの変化を好まない人がいるのも知っています。でも会社などの会議や議論の場所では変えたくない場合は変えたくない理由を言わないと意味がないんですよ。それが例え、変えるのは大変だとか変えるのは面倒だ。と言ったどうしようもない理由でもね。


そんなの何も良い事ないじゃないですか。どこへも行けない。少なくとも自分はそんな人嫌いですし相手にしません。表舞台に立ってこそ議論や改善が生まれるのです。少しでも良い方向に向かうために動ける人と一緒に仕事をしたいですね

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 医療事務