男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

残業に対する考え方と新人から最大級の賛辞がありました。

新人に言われた一言が自分的には嬉しかったのでご報告。
なんて言われたかといいますと「いつも暇そうにしてますね」です(笑)

 

f:id:sasakimaruo:20160424094511j:plain

いつも暇そうにしているのはぜったいに良い事だ。

まぁ。少しニュアンスは違いますがそんな感じでした。そうなんです。自分はいつも暇そうにしてるんですよ。以前も書きましたが、実際レセプト時期もほとんど残業しません。どうしても必要な時には少々やりますが、月間の残業時間は10時間くらいです。

でも、ずっと人事考課で「A」をもらっていますし、仕事の裁量も増えています。今回も「A」でしたので人事部の評価は悪くないはずなんです。給料も上げてもらえたし。

自分は常々仕事は早く終わらせることを大前提に考えています。根本にあるのは少しでも自分の時間が欲しいってこと。早く終われば家でおいしいご飯を食べておいしいお酒を飲んで映画や読書をしたり家族との会話を楽しんだりと様々な事が出来ます。1日24時間しかないんですよ。そのうちの2時間も3時間も残業に使うのは勿体ないです。

暇そうにしていると情報が入ってきます。

なので、「いつも暇そうにしてますね」は自分にとっては最大級の賛辞なんです。ありがとう新人よ。

でも、この新人も悪い意味で言ったんじゃありません。忙しくてバタバタしている時間に受付で新人がわからない事を自分に質問してきたので助けてあげたのです。3回ほど。

後で、なんで自分のところばかりに来たのか聞きました。そしたら「他の人は忙しそうにしている。だから聞きにくい。」って言うんです。そして自分は「聞きやすい。暇そうだから」となったのです。

実際には、忙しい時でも忙しくないようにしているだけなんですが、自分の働き方のスタンスが職場に浸透してきていると思うと嬉しかったですね。

本日のまとめ。

まとめるとこんな感じです。

  • 多忙でも暇にみせる
  • 新人が質問しやすい
  • 新人は仕事覚える
  • 信頼関係も生まれる
  • 自分を助けてくれるようになる
  • 新人教育担当として成果がでる
  • 仕事の評価が上がる
  • 上長に認められる
  • 新しい仕事が増える
  • また多忙になる。
  • 多忙でも暇にみせる(以下つづく。)


大前提として自分の与えられた仕事はしっかり結果を出している事です。結果を出していない人が暇そうにしていても、働けよこの野郎ってなります。

暇そうにしている人が本当に暇なのか観察していると面白いですよ。その逆もありますね。忙しそうにしてる人がどれだけ成果を出しているかですね。