読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

受付でのガールズトークに意味はあるの?医療事務の窓口対応。

受付業務っていうのは患者さんの流れによって業務量に差が出ます。なので、暇な時間も発生してきます。

販売の仕事をしたことがある人はあるあるでしょうね。コンビニや本屋さんでさっきまでガラガラだったのに急にレジが混雑する時ってありますよね?あんな感じです。

今日はそんな受付で、暇な時にガールズトークに意味はあるの?医療事務の窓口対応についてです。

TALKING TOM

受付でのガールズトークに意味はあるの?

僕の働いている病院では受付に常時5人程度の人は必要です。で、暇なときに話をする人がいるんですよ。

業務に必要な伝達や申し送りならすぐに終わりますし問題ありません。でも業務に関係ない話をする人もいます。

子供がどーだ。とか。
アイドルの〇〇がこーだ。とか。
〇〇のランチはそーだ。とか。

自分で自分の評価を下げている。

女性のおしゃべりに文句を言えるほど度胸はありませんw

しかし場所を考えるべきですよね。

患者さん側から見たときにおしゃべりをして笑っている顔がどんな風に見えるかわからないわけはないでしょう。

自分の行動を自分で客観的に見れないのは社会人として問題です。自分で自分の価値を下げている事に気がつかないんですよね。

だから人事考課でもA評価を取れないんです。

人はラクな方へ行ってしまいます。

ある意味ではかわいそうな人なのです。自分のラクな方、簡単な方へと無意識に行ってしまうのですから。

僕は先輩には何度も言いません。だって先輩ですからw

本来は僕が指導して欲しいです。

もちろん教育中の新人には言います。わかるまで何度も何度も言います。それが教育ですから。なにも言わないで出来る人はなかなかいません。

受付では常に見られているという意識を持っている人は伸びます。他人視点を意識しましょう。