読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

病院の消防訓練。消化する?逃げる?事務局判断が大事です

病院の消防訓練でした。レセプト点検の忙しい時期になぜかやるんですよね。たしか春の消防訓練も忙しい時期だったな。

病院では年2回消防訓練を実施し火災発生時に困らないで患者さんの命を守れるように訓練をしています。

f:id:sasakimaruo:20161104232729j:plain

 

消防訓練は年2回やっています

もしも火災が発生したらどうなるか考えたことありますか?きっと訓練通りになんてなりませんよね。それでも病院なので患者さんの安全が確保できるようにと消防訓練を実施しています。

病院と一般企業の違いは以下の通りです。

  • 一般企業:職員の安全だけを考えればOK
  • 医療機関:職員の安全と患者さんの安全を考える必要がある。

前職では総務でしたので職員の安全を考えるだけでよかったです。それでも避難誘導や初期消火の対応など難しい部分は多々ありました。

クリニックなど小規模医療機関はどうしているのだろう

たぶん、どこの病院でも消防訓練ってやっているのでしょう。

消防法施行令なんかで定められているのでしょう。僕が働いている病院では年2回実施しています。

消防訓練を真面目にやるのは大切な事です

消防訓練ってほとんどの人は訓練を訓練として行います。

場合によってはふざけたりする人も出てきます。本来であれば火災が発生時には、患者さんを助けなきゃいけないのに、どうして訓練を訓練として行うのでしょう?ふざけているのでしょう?創造性の欠落です。

半年に一度の大事な訓練なのにね。すこし考えればどれだけ大事な事をしているかわかるはずです。

もし、本当に火災が発生したら大混乱になります。そんな病院では診察したくありません。ぜったいに。

何もバカ真面目に最初から最後までやった方が良いなんて思いませんが、実際に火事が起きたらどうなるんだろう?ここは無駄だな。変更しないとな。と考えながら行動するべきです。

訓練を訓練の為に訓練するのではなくて、本番をどれだけ考えれるかです。訓練は大事ですね

本番なんか来ない方が良いですけど。