男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

病院にスペースがありません。なるか?電子カルテ導入

自分の働いている病院では現在紙カルテを使用しています。オーダーリングも導入されておりません。診療費を計算する時に紙伝票がまわってきます。

こんなの昭和な感じがしますよね。全部紙でやりとりしているなんて古すぎます(-ε-)ブーブー

患者さんは毎年増加傾向にですので様々なスペースの問題が著明に表れてきてます。

医事課で言えばカルテの保管場所の問題です。書庫に入らないカルテを段ボールに入れて別の場所で保管しています。

各部署ともスペースの問題がありますので下半期から来年度にかけてなにか動きがあるかもしれません。増築か一部の部署の移動なども考えられます。

部署の移動で考えられるのは管理系の部署です。直接患者さん対応をしないので移動の対象になるでしょう。あとは在宅や訪問の部署ですね。こちらも病院内になくても対応できる部署となります。

敷地内に増築できれば良いのでしょうがどうなるのか今から楽しみです。

医事課ではスペース不足の問題をどう考える?

医事課は患者さんと対応をするので移動する可能性は低いと考えます。では、医事課ではスペース不足を解消するために何が出来るでしょうか?

その答えが電子カルテです。医事課で最もスペースを必要としているのがカルテの保管場所です。電子カルテの導入することでその問題が解決すると考えたわけです。

紙カルテの保存期間は5年となっており、毎年たくさんの紙を処分しています。地球にも優しくありませんし、スペースを圧迫しているので病院にも優しくありません。

電子媒体なら半永久的に保管が出来ますしカルテ保管場所の必要もありません。電子カルテにすれば良い事がたくさんあります。

電子カルテ導入にあたり問題点はあるの?

電子カルテを導入する事が出来れば良い事が多いのは間違いないのです。しかし、導入に踏み切れない病院が多くあると思います。それはなぜでしょうか?

まずは、導入のコストがあげられます。そしてそれを運営していくコストですね。現在の紙保管のコストと比べるとどうしても見劣りします。年寄の医者が多いので電子カルテのメリットがわからない人もいます。

次に導入する担当者の不足です。新しいシステムって導入するのに多くの時間がかかります。それを指揮できるリーダーもいなければ担当者もおりません。

もし、現状のまま導入するとなったら担当者は専任で配置できるような余裕はありませんので、通常業務を行いながら導入を行う事になります。これは相当な労力が必要となります。

自分は電子カルテ導入をやってみたい

でも、自分の現在の担当は、新人教育と外来レセプトと会計です。下半期は会計のフローチャートを変更するために多くの時間を使う予定ですし、新しい新人が2名入るのでこちらも手取り足取り教える予定です。

外来レセプトも取り纏めもありますし時間の余裕が無いのです。

でも、担当者がいないのであればやってみたいですね。でも一人だけ残業が跳ね上がると、その残業時間に合わせて意味のない生活残業をする人が出てくるので上長が認めないだろうな。

なんか、Youtubeに電子カルテ導入物語がありましたので貼っておきます。まだ見れてないので週末にでもじっくり見たいと思います。


医療ビッグデータがもたらす社会変革

新品価格
¥1,944から
(2015/7/24 21:36時点)

ぼくが一番電子カルテをうまく使えるんだ!

新品価格
¥3,024から
(2015/7/24 21:38時点)

町医者が町医者のために書いた電子カルテのかしこい選び方・使い方: IT初心者でもこれならわかる!開業・導入・乗り換え時 診療所のIT化お助けガイド

新品価格
¥3,564から
(2015/7/24 21:38時点)