男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務員なのに会計業務が追加された二つの理由

昨日のブログでは会計業務が追加されたと書きました。

では、なんで医療事務として働いている僕が会計担当に抜擢されたのでしょうか?今日は僕なりに考えを書いておきますね。

www.office-iryoujimu.com

僕は医事課の中でも極端に残業が少ない。毎日がノー残業デー。

暇そうにしてたんですよ。

いろいろな理由があると思いますが、最初に考えついたのはレセプト点検期間も残業しないで帰っている僕を見て上司が「佐々木は暇なんだな。もっと仕事をさせよう」ってなったと考えました(`・ω・´)

もちろん真相を確かめたわけではありません。勝手な被害妄想です

でも、僕の名誉のために書いておきますけど、暇そうにしてますけど暇じゃないですからね!!

日々の努力の成果が出てきているだけです。その変の事は昨日の記事にリンクが貼ってあるんで参照してください。仕事が出来る人にはそれなりの仕事量が与えられるものです。これはどの会社でも同じでしょう。

日商簿記2級が犯人か?

たぶんこれが正解だと思います。

僕は日商簿記の2級を持っているですよ。

2社目の時に自己啓発として3級と2級を取得しました。本当は1級とって税理士にでもなる予定だったのですけどね…(・◇・)ゞ

まぁ、税理士の話は置いといて、履歴書とか職務経歴書って取得資格を書く欄がありますよね。出来る男をアピールするために、医療事務には関係ない資格まで書いていたのです。

経理の人が辞めるとき人事課から「医事課の佐々木は簿記の資格を持ってる!!」みたいな悪魔の囁きがあったのです。 

まとめ

  • 履歴書を書くときは、資格取得していても関係ない資格は書かない方が良いよ。
  • 業務改善は出来るところからやるかゼロベースでやるかしっかり最初に決めよう。
  • レセプトで良い改善が出来たからって過度の期待は禁物です。
  • 現在の担当がいなくなるまで引継ぎはしっかり行おう。
  • 辞めちゃったら自分の好きなように改良しよう。

新しい業務ってワクワクします。きっと大変だし新しい知識も必要になります。でも一つ一つクリアしてレベルアップをしていきたいと思います。

レセプト担当はリーダーとして取り纏めをしているのに、会計担当としては新米のペーペーです。ちょっと不思議な感じもしますが、そこも楽しんで行きたいと思います。