男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

会計担当になって1ヶ月です。日次決算・日計表を少しだけ経験しました。

自分は医療事務を行う医事課に所属していますが、なぜか会計業務を行っています。病院によっては経理業務と言うのでしょうね。自分が行っているのは、医事課で発生するお金の部分です。日常の外来や入院の診療費などの部分です。

毎日行う業務 日次決算・日計表の作成について

病院の入ってくるお金は様々な種類があります。診療費・健康診断・有料室代・文書料などの直接病院のお金になるものの他に、入院時のパジャマなどのレンタル用品のお金等もあります。

診療費に関しては、患者の自己負担分以外にも保険者からも入金があります。

そして現金だけでなく、クレジットカードやデビットカードもあります。最近では電子マネーで支払う患者さんも増えてきました(・ε・)ムー

そのさまざまなお金を集計して、実際に手元に入金された金額とシステムの入金金額の差異が無いように確認するのが日々の仕事となります。

基本的にシステムと現金は一致しない

本来であれば、システムで管理している金額と入金された金額は何もしなければ一致します。でもこれがなかなか一致しないのです。

理由はいくつかあるのですが、自分の働いている病院では診療費を計算する医事課のシステムと、お会計をするレジシステムがリンクしていいない為です。

何が問題かと言うと

  • 医事課のシステムでは請求書を発行した時点で現金入金扱いとなる
  • クレジットや電子マネーで支払っていても現金入金となっている
  • 追加分の診療費等の未収分の診療費は入金されても未収のまま。
  • 外部委託している入院のレンタル品も現金は入ってくる

このような事を翌日に手作業で修正する作業が出てきます。

次は月次決算をやってみます。月次決算とレセプト点検のダブルパンチ

日次決算・日計表の作成をとりあえず出来るようになったので、昨日から月次決算をやっております。正直、ほとんどわかりません(;´Д`)

まぁ、焦らず確実に行い自分の物にしていきます。

それにしても、レセプト点検の時期に月次決算もあります。モロ被りです。ちょっと無理があるなぁ。久しぶりにレセプト点検残業を行いました。今日は7時まで働いたのでサッカーを前半見れませんでした。

新しい担当になった時は企画書を通すチャンス。

引継ぎを行っているといろんな疑問点が出てくるものです。そんな時、現状の報告や問題点をまとめて改善案を出すべきです。

意外と通りやすいですよ。あくまで自分の場合ですが。

会計担当になって2つの企画書を出してます。

  1. 会計ソフトに入力するまでのフローの改善
  2. 医事課システムとレジシステムのリンクについて

どっちも通るかはわかりませんが、とりあえず出してみました。詳細についてはまたの機会にしますね。今日は長くなったのでこのへんで失礼します。
 

3年後に必ず差が出る 20代から知っておきたい経理の教科書

新品価格
¥1,490から
(2015/8/5 11:02時点)

経理の仕事がサクサク進むExcel「超」活用術 2013/2010/2007対応

新品価格
¥2,160から
(2015/8/5 11:03時点)

経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本 (ディスカヴァー携書)

新品価格
¥1,080から
(2015/8/5 11:04時点)