男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

病院日誌を担当。しかし病院日誌は大変すぎです。

病院日誌って知ってます?たぶん、事務長(総務)とか課長の仕事です。

医療法の第二十一条に定められていて、診療科の受診人数や、各病棟の責任者とか手術件数をまとめたものになります。

この病院日誌が超メンドクサイ(TДT)

f:id:sasakimaruo:20160829224503j:plain


欲しい人はシンリョウさんからどうぞ。

まず、病院日誌について。医療法の第二十一条と医療法施行規則の第二十条です。

医療法って普段は知らなくてもそんなに問題ないのですが、読んでみると意外と大事な事が書いてあったりします。

そんな人はいないと思いますが、気になる人はこちらの医療法全文をどうぞ。

第二十一条  病院は、厚生労働省令(第一号に掲げる従業者(医師及び歯科医師を除く。)及び第十二号に掲げる施設にあつては、都道府県の条例)の定めるところにより、次に掲げる人員及び施設を有し、かつ、記録を備えて置かなければならない

一  当該病院の有する病床の種別に応じ、厚生労働省令で定める員数の医師及び歯科医師のほか、都道府県の条例で定める員数の看護師その他の従業者
二  各科専門の診察室
三  手術室
四  処置室
五  臨床検査施設
六  エックス線装置
七  調剤所
八  給食施設
九  診療に関する諸記録
十  診療科名中に産婦人科又は産科を有する病院にあつては、分べん室及び新生児の入浴施設
十一  療養病床を有する病院にあつては、機能訓練室
十二  その他都道府県の条例で定める施設


そしてこちらが医療法施行規則です。長文なのでこちらは端折ります。全文です。

第二十条  法第二十一条第一項第二号 から第六号 まで、第八号、第九号及び第十一号の規定による施設及び記録は、次の各号による。

十  診療に関する諸記録は、過去二年間の病院日誌、各科診療日誌、処方せん、手術記録、看護記録、検査所見記録、エックス線写真、入院患者及び外来患者の数を明らかにする帳簿並びに入院診療計画書とする。

 

自分の病院では一年分まとめて書きます。

病院の規模が大きくなればなるほど、書くことが増えるで毎日の記録を一枚の様式にまとめることが難しくなってきます。

なので日々の記録は各部署で記録管理して、年に一度、まとめて病院日誌として完成させています。

そもそも、各部署で記録管理していることが正しいことなのか?また、年に一度の集計で良いのか?という疑問はありますが、そこは確認していてOKみたいなのでスルーでお願いします。

また、各部署で記録しているのだから、わざわざ別様式にまとめなくても良いのではないかと思いますが、これはNGだそうです。゜゜(´□`。)°゜。

  • 各病棟の日誌(責任者・患者数・手術数)
  • 外来の日誌(責任者・患者数・手術数)
  • 夜間当直の日誌(責任者・患者数・手術数)
  • 医事課の日誌
  • 年間予定表

などの、数字をひたすら転記するという作業です。

これを年末の保健所の監査までに作成します。とりあえず、10月はこの作業に徹します。

保健師ものがたり

新品価格
¥1,134から
(2015/9/13 15:50時点)

研修医・コメディカルスタッフのための 保健所研修ノート 第3版

新品価格
¥4,104から
(2015/9/13 15:50時点)