男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務でも家は買えるのか検証してみた。

現在は賃貸に住んでいるんですが、賃貸って2年ごとの契約が多いですよね?自分もいくつかの賃貸を契約してきましたが更新の時期に引越を考える時期になります。

更新料やら保険料と通常の2ヶ月分以上の金額が必要となります。最近は更新料が不要の物件も多く出てるみたいですが、自分の所はまだ必要です。

ちなみに、家族は養えます

 

www.office-iryoujimu.com

医療事務でも家は買える?

来年の更新時期に向けて考えられるのは2つしかありません。「契約を更新して現状の賃貸に住み続ける」か「新しい場所に移る」です。

なぜ、このタイミングで「新しい場所に移る」という案が出てきたかと言いますと、仕事が安定してきたことや現在の地域なら長く住んでも良いと思えること。その他には意外と家は買えるのではないかと思ってきたことです。

まぁ、家を買えるって言っても銀行からお金を借りるので当分は買ったことにはなりませんが。

医療事務も会社員と同じですので、銀行ではフリーランスに比べ有利になります。

そもそも、医療事務の自分にいくら貸してくれるのか不明でしたので銀行に行って聞いてきました(*・ω・)ノ

会社の給与振り込みの指定が地元のみずほ銀行なので、自分のメインバンクのみずほ銀行に行ってみました。ジーパン姿の汚い恰好なのに個室みたいな場所で偉そうな人が出てきました。

いきなり場違いな感じです(TДT)

結論から言うと年収の6倍くらいは保証してくれました。

なんかよくわからない資料を片手ににいろいろ言われましたが理解不能でしたので、「そんなの知ってるぜ」みたいな空気を出してやり過ごしてました。

簡単に書くとこんな感じです。

  • 住宅ローンは物件に対してお金を出すもの
  • 新築か中古でも出せる金額は違う
  • 立地でも金額は違う
  • 最後に本人の支払い能力

個人に対してお金を貸しているものと思っていましたので良い勉強になりました。確かに、駅前の良い場所で普通なら1億円する物件が5000万円で売りに出されていたら、自分でも5000万円貸してくれます。(支払い不能でも1億円の価値があるから銀行は損しない。)

その逆も考えられますね。取り壊しが決まっている築50年のマンションに対して35年ローンはほぼ認められないです。(銀行は損する可能性があるから。)

なので、まずはどんな家が必要なのか決めてから銀行に来てほしいとの事でした(′∀`)

地元の中規模病院、評価は意外と高い。

物件が決まっていない状態でしたので何とも言えませんでしたが、通常購入するであろう物件なら年収の6倍は可能であることがわかりました。

病院という勤務先は公務員に次ぐ安定事業でしかも自分が働いている病院はその地域で長いこと地域活動も行っている。つまり倒産やリストラの可能性が低い=銀行はお金を最後まで回収できると考える。

支払い能力があるかは別として、物件によっては6倍以上も出せるそうです

なので、まずは物件探しからですね。

よくわからないという事がわかったので、次は物件探しですね。年収が370万円ですので2,200万円くらいは可能と考えて物件を探してみます。

2200万円の物件あるのかなぁ。

やっぱり最初はスーモとかで検索ですかね






【大好評!医療事務でも家は買える!!関連記事】

  1. 妻は専業主婦。男性医療事務でも家族は養える。
  2. 医療事務でも家は買えるのか検証してみた。
  3. 医療事務でも住宅ローンは組める。住宅ローンについて勉強しました。
  4. 家が欲しい妻。賃貸で十分な夫。
  5. 中古の戸建ての値引き交渉。2割引きで購入できるのか?
  6. マンションか戸建てか。男性医療事務員の判断。
  7. 中古の戸建てを購入したよ。医療事務でも家は買えるよ。
  8. 中古住宅購入したので住宅診断(ホームインスペクション)やったよ
  9. 野菜室が真ん中の冷蔵庫は東芝だけなんですね。
  10. 住宅ローン選択。変動金利ではなく固定金利を選んだ理由。
  11. ネット販売より家電量販店が最安値だった話。
  12. 中古戸建てリフォーム&リノベーション値引きは2割引き以上可能でした。
  13. 工事不要で地デジが見れる。DXアンテナはコスパ最高です。
  14. 敷地内(私有地)の電柱。NTTや東電からお金がもらえるよ。
  15. 車無し生活はじめました。車を所有しなくても良い5つの理由。