男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務のアルバイト。パートや派遣等の非常勤がいない理由。

医療事務は正職員以外の勤務形態が非常に多い仕事の1つですね。医療事務の転職サイト検索してみても非常勤(アルバイトやパートや派遣)の仕事も多く掲載されています。

でも、僕の働いている病院では基本的に正社員のみとなっています。今日は非常勤(アルバイトやパートや派遣)を採用しない理由を課長に聞いたので書いておきたいと思います。

 

 

Free

医事課に非常勤(アルバイトやパートや派遣)を採用しない理由

僕の働いている病院では新規で非常勤前提の採用はしていません。現在の非常勤で勤務をしている人は、もともとは正社員で働いていたけど産後に短時間勤務より短い勤務を希望した人とか、それなりの理由がある人です。

でもその理由を知らなかったんですよね。今回、採用担当になったんで不思議に思っていたことを聞いてみました。

常勤(正社員)だけを採用し続けていた目的は何だったんでしょうか?理由はたくさんあるみたいですが、一番の理由は医事課職員の能力向上を狙っていたからです。

10年くらい前には医事課にも非常勤(アルバイトやパートや派遣)がいた

僕はもちろん知らない時代ですが、10年くらい前は人員の半分は非常勤でやっていたそうです。

予算も低く抑えられていましたし、業務量も今より少なかったので大きな問題はなかったそうです。しかし、医事課の担当する業務量が徐々に増えてくると弊害が生まれてきたそうです。

仕事量が増えてくるので非常勤の人にも定例業務以外の業務をお願いするようになりました。そうすると、非常勤の人は不満が溜まります。

常勤と同じ仕事をしている(ように感じる)のに、非常勤なのでボーナスも昇給も少ない。仕事のできる非常勤なら常勤のおじさんより生産性が高くなる可能性もあります。

そこから派生した問題を解決できず、非常勤に厳しい職場になりました。

医事課から非常勤がいなくなった理由。問題を解決する術がなかった

まぁそんなこんながあったタイミングで、その時の部長や課長が業務分担を見直せば良かったのですが、ズルズルと仕事だけ増えていったそうです。上司の仕事である線引きが出来なかったからです。

そして、業務量が増えているの補うために常勤を採用する計画がスタートしました。やっぱり正社員であれば仕事の融通はきかせないといけません。

なので増え続ける業務に対し解決するために正社員を採用しようとしたみたいです。