男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

人事考課の時期です。アピール材料はそろってる?

人事考課はありますか?自分の働いている病院では4月から9月が上期。10月から3月が下期としてます。そして年2回の人事考課があります。

 

人事考課
従業員の能力や仕事ぶり、成果などについて、自社の価値観や方針、基準を基に、従業員の評価を行うこと。
出典|『日本の人事部』

まぁ、会社側から仕事を評価されるわけです。自分は過去に4社務めていますが、期間や方法は違いますがすべての会社で人事考課がありました。なので、どの会社でも人事考課は行われていると思います。

過去の会社も含め自分は比較的「A」を多くもらっています。知識や能力は乏しい部分もありますが、仕事はしていますので。

なので、本日はどうしたら「A」がとれるか考えてみます。

上期の評価されそうな出来事を思い出してみる。

半年も仕事をしているのですから、それなりに出来事があると思います。何もないという人は働き方から考えたほうがいいです。半年前と何も変わっていないということですから。半年間何やってたの?って話になります。

自分の場合はこのブログに書いているだけでも4つほどあります。

  1. プロジェクトチームのリーダーで滞りなくプロジェクトを遂行
  2. 勤務表の改善効果で医事課全体の残業時間が減少
  3. 新人教育担当(3名)を実施し予定通り遂行
  4. レセプト点検方法及びスケジュールの変更改善

他にもありますかな?まぁそれなりに働けばそれなりに結果はあるものです。

【関連記事】

次は、下期の計画をしっかりと話をする。

せっかくの面談なので上期の結果をアピールするとともに下期のアピールもおこないましょうこれかの半年で実施可能なレベルの内容で、なるべく難しいものを考えてみます。

目標レベルが低いとやる気がないような印象を与えますし、目標が高すぎると達成ができません。

そして、それを別の用紙で企画書として提出します。ここがポイントですね。会社で決められた用紙とは別に自分で企画書を書きます。

そうするとやる気があるように見えます(*・ω・)ノ

元人事マンとしての人事の考え方。

前職は人事でしたので、昇給や昇格にかかわる事が多々ありました。AさんとBさんは「能力」も「貢献度」も「実績」も ほぼ同じですが、人事考課の結果どちらか一人だけ「昇格」できるチャンスがあった時にやる気があるように見えるのは大事です。

人事や役員なんて普段の細かな仕事ぶりは知ることはできません。せいぜい課長や主任にヒアリングする程度です。そんな時に日々の提案や改善や計画書は役に立ちます。

前にも書いたんですが会社の給与や評価なんてゲームみたいなもんです。ラスボス倒すのに素手で挑むのはドМな人ですよね。普通の人は最強の武器やアイテムを入手して使用します。

評価も一緒です。昇格するのに提案や改善や計画書というアイテムは非常に有効です。

それでは、頑張ってアピールしましょう。