男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

徹底して考よう。新しい教育方法をスタートさせてみました。

今までの新人教育は、新人のレベルに合わせて低次元なところからスタートしていました。

出来ない事は出来るまでマンツーマンで教えますし。不明点は理解するまでマンツーマンで教えます。学力の低い子が行く学習塾のような感じです。優しく優しく優しくです。

【関連記事】

でも新人も少しずつですが成長していると実感しつつありますので、もう少しレベルアップしてもらおうと教育方法を変更したい所存でございます(・∀・)

なので、新しい育成方法開始してます。テーマは「徹底して考える」です。

自分のいつまで現在の病院にいるかわかりませんし、自分が教育している新人たちもいつまで一緒に働くかはわかりません。でも、自分としては種をまき続けるしかありません。

現在の教育方針は「徹底して考えるです。」

「どうしたらいいですか?」みたいな質問は答えません。聞けば教えてくれるっていうありがたいシステムを導入していましたが一段階ステップアップです。

手取り足取り教えるのは辞めました。全部教えるのは辞めました。

考えて自分の考え方を持つようにしてもらいます。

今まではレベルも低いので聞かれてた質問に対しすべて答えていました。しかし、今後は「これはどうしたら良いですか?」と聞かれたら「どう思うの?」って返すようにしています。

そして質問の仕方を考えようと指導します。「これは○○だと思うんですが、正しいでしょうか?」とか「これは○○で進めます。」とかですね。

報告連絡相談の遵守です。

先日の主任降格のように考えることができない人はかわいそうですからね。少しづつですが教育方法のレベルアップを行っていきます。そうすることで、医事課全体のレベルアップにもつながっていきますからね。