男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

それでも、やっぱり働いた方が良いと思う。

たくさん働くと「ワーカーホリック」とか「仕事中毒」とか「ワーカーズハイ」とか「企業戦士」とか言われます。なんとなく悪い印象を与える言葉ですよね。電通の悲しい出来事もありました。

そして、「ワーク・ライフ・バランス」とか「クオリティ・オブ・ライフ」とか「ゆとり」とかなんとなく柔らかい感じを与える言葉があります。

 

f:id:sasakimaruo:20160429190032j:plain

それでも、やっぱり働いた方が良いと思う。

学生時代のアルバイト~新卒社会人までの若かりし頃?は働く意味なんて考えないし、アルバイトに行くのはダルいし、なんなら働かないことが正義と感じる時もありました。

でもね、働くかないことが正義ではないという事に気がついたんですよ。

働いたら負けでもありません。

自分の毎日の過ごし方に自信が持てず、不平不満を言って他人や会社のせいにすることがよくないです。これはアルバイトだろうと派遣だろうと社員だろうと関係ありません。

自分の人生で進むべきことを見つけて楽しんでいる人が正解なんです。大人が本気で楽しむとそれがお金になります。なので、そうゆう意味で働いた方が良いと思います。

ユーチューバーやブロガーは人生の選択肢を増やしてくれた。

例えば、ゲームが好きな人はゲームの攻略方法とか裏技的な事を動画や文章で発表することで収入を得ることができます。

ゲームが好きで好きで、ゲームの事ならだれにも負けたくないという強い信念を持っているならゲーマーも悪い選択肢ではありません。

実際にプロゲーマーとしてメシ食ってる人もいます。「ヤベー超楽しい!」って感覚を持ち続ける事が大事です。

それがない人生は超つまらないですから。

今の仕事(生活)に満足していない?でも、それは悪い事ではありません。

もっといい車が欲しいとか、ハーゲンダッツを毎日食べたいとか、仕事で認められたいとか、もっと歌が上手くなりたいとか、現状に満足しない事は良いことです。だってそれは「もっと良くなりたい。」という向上心を持っているわけですから。

現状に悲観的となり、「どうせ○○だから」とか不平不満を言うことがよくありません。

超楽しい人生を過ごせると良いですね。