男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務は疲れる?疲れている時、わがまま言ってもいいんじゃない?

最近は医療事務とプライベートのスケジュールが多くて寝不足気味の日々が続いている佐々木まるおです。おはようございます。急性期病棟に異動になりましたしね…。

忙しさに翻弄されて、大変だ!つらい!やばい!なんて勝手に思い込んでまわりが見えなくなる人がいます。もう少し肩の力を抜いて一息入れたほうが効率が良くなるんですけどね。

なので今日は医療事務は疲れる?疲れている時、わがまま言ってもいいんじゃない?って話です。

 

f:id:sasakimaruo:20160418162648j:plain

そもそも、医療事務の仕事は個人でやるものではありません。チームでやるものです。

医療事務に限らず医療現場で単独で全部をやることは不可能です。チーム医療の時代ですね。

医療事務の仕事も業務分担をしてそれぞれ役割を行う事でゴールにつながっています。単独で最初から最後までやるなんてことありませんね。

カルテも人もいれば、受付の人もいます。計算や会計をする人もいます。必ずどこかにつながってるはずです。

会議が多くて生産性が上がらない悪循環。

個人的にはスケジュールがびっしりで大変でした。会議多すぎ…。

レセプト点検準備ももありましたし、査定分析もありました。プライベートでもバタバタでした。

そんなバタバタしていても乗り切ることが出来たのは、僕の下で働いている後輩が助けてくれたからです。

そのおかげで残業もほぼ無しでスムーズに行きました。

疲れている時は、わがまま言ってもいいんじゃない?

と言うわけで、いろいろわがままを言わせてもらいました。「疲れている時」や「多用な時」は思い切って仕事を任せてしまいましょう。

自分が手一杯の時に頑張っても良い結果は出ません。後輩に任せた方がいい仕事ができます。

医療事務(医事課)の良い所は病院の中でも人数が多い所です。自分でいいパフォーマンスを発揮できない状態なら他人へお願いしましょう。

多少の効率は下がるかもしれませんがチームとしての結果は上がります。

基本的な考え方はスポーツも同じですね。ケガをしているのに無理して出場して余計に悪い結果になる事もあります。

そのあとは感謝の気持ちを忘れない事です。

今週は助けてもらったので次回は自分が助ける順番です。後輩やメンバーに何かあった時には率先して助けてあげます。そんな循環がいい職場環境を作っていきます。

ギブ&ギブです。この感覚が大事です。ギブ&テイクは個人間では通用しますがチームになると通用しません。

チームで良くなって行きたいならギブ&ギブしかありません。これが出来ないために職場環境が悪い会社はたくさんあります。

仮に20人の職員がいる職場なら20回ギブをして1回のテイクがある感じです。ギブ×20&テイクです。人のために動ける人が多いほどいい職場だと思います。

職場環境を嘆く前に自分自身で動いてみるのも良いんではないでしょうか?