男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務員のシューズはクロックスで一択です。いい靴発見です。

今週のお題「わたしの一足」について書きます。医療事務をやっていて地味に悩むのがシューズではないでしょうか?立ち仕事が多くなると足がむくんだりしてとても疲れてしまいます。

そんな時、発見したのが医療用クロックスです。5000円弱するので安いとは言えませんが1年以上履いています。現在は4代目です。

ドラマコウノトリでも使用していました。クロックスは医療機関で働く人の新定番ではないでしょうか?

自分が半年以上前におススメしていたクロックスですが、コウノトリの出演者もみんなクロックスでした。変なところに目が行ってしまうのは職業柄仕方ないですね。医師や看護師や助産師の服装も自分の働いている病院と比べてしまいました。

ドラマの衣装を決める人もクロックスの良さをわかっているんでしょうね。まだ試していない人は是非お試しください。

クロックスは医療機関で働く人の新定番ではないでしょうか?だってドラマで使用されているんです。

医療用のシューズはなぜか2つあります。「クロックスワットヴェント」「スペシャリストヴェント」です。両方買いましたが、何が違うかは説明できません。たぶんスペシャリストの方が新しいのだと思います。公式HPにはスペシャリストしかありませんから。

クロックスの良い所。

まずはアマゾンの紹介文です。ちょっと長いですが読んだ方が良いです。

商品紹介

「クロックス」の医療用ワークシューズ、“スペシャリストヴェント"。
ストレスなく一日中歩き回れる機能性、足元でさり気なく自己主張するデザイン性のどちらも両立したモデル。 つま先に沿うような圧迫感のないフォルムで、リラックスしたフィッティングを提供します。

大きな特徴となっているのが通気性の良さです。

側面の通気穴は十分な通気性を保持しつつも、縁取りが施されているため降りかかる水滴や薬品などの侵入を防止。厚みのあるアッパーが落下物から足を保護してくれます。

衝撃吸収素材「クロスライト」による快適な履き心地で疲労を軽減。「クロスライト」素材は汚れても丸洗いができ、優れた速乾性により短時間で乾くのでお手入れが簡単。サンダルタイプでスムーズに着脱できるのも魅力です。

医療現場で働く方に適した、「クロックス」の“スペシャリストヴェント"です。

もうこれだけ詳しく説明してあったら補足する事は特にないんですが、あえて書くなら抗菌性&防臭性も高いです。仕事で使用する靴は長時間履くので臭くなったりしてしまい困っている人もいると思います。

でもクロックスなら他の靴よりは抗菌性&防臭性が高いので臭いも平気です。

他部署のスタッフが帰りがけにファブリーズ的なものを仕事靴にかけて帰宅しているのをみるとクロックスにすればいいのにと思います。

長時間の立ち仕事の医療事務に絶対におススメ。

医療事務の仕事って「事務」と言うけど、立ち仕事の時間が長いですよね?カルテを外来に運んで、受付に立って案内して、医師や看護師の手足となって…。1日の半分4時間くらいは平気で立っている日もあります。業務ローテーションの関係で悲しい日は一日中立っています。

自分は既に4足目に突入しています。足のむくみや疲れに悩んでいるくらいなら一度試してみると良いと思います。