男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

つらい職場を続ける意味はありません。嫌なら辞めるが正解です。

悲しくもあり、驚くようなニュースがありましたね。

20代男性がカフェイン中毒死=エナジードリンク大量摂取か―福岡大 eat-321671_640

エナジードリンクの過剰摂取をする必要がある職場とは?

ニュースをにはこう書いてありました。

男性は24時間営業の勤務先で深夜帯を担当。眠気を覚ますため、カフェインを配合したエナジードリンクや錠剤を日常的に摂取し、死亡する約1年前からめまいやおう吐など体調不良が続いていた。死亡した当日も、帰宅後に吐き寝込んでいたところ、家族が異変に気付き救急搬送されたが、間に合わなかったという。
日常的にエナジードリンクを摂取する必要性があるのは、職場が原因だったのでしょうか?それとも本人の嗜好問題が原因だったのでしょうか?

ニュースの報道によるとどうしても職場の方に問題があるような書き方が多いように感じます。でも本当にそうなのでしょうか?

つらい職場を続ける意味はありません。嫌なら辞めるが正解です。

1年前から体調不良が続いていたのであれば辞めるという選択があっても良かったです。もしくは医療機関へ受診しても良かっと思います。

自分は20代のころに4社経験しているので、正直言って辞めると言うことに抵抗がありません。「この職場を辞めたら次がない」とか「他に働く場所が無い」とか考えたことがありません。

もともと、上昇志向の高い人だと同じ年収を維持するのが難しいとか考えるのかもしれませんね。

自分は幸いにも生活水準が低いので年収300万くらいあればやっていけます。

変化することは悪い事ではありません。

今後も医療事務としてやっていきたいのであれば、ある程度のスキルがあれば次の職場は簡単に見つかります。でも、男性医療事務や愛着のある病院に勤めているなら、変えていくのも悪くありません。

なにが問題なのか現状を把握して改善していきます。人が悪いのか、制度が悪いのか。それぞれで改善方法は変わってきます。

自分の人生なので、自分が変わっても良いですし、自分で変えても良いです。政治家ではないのでそこまで大変な作業ではありません。自分の働いている職場くらい変えることが出来ない人はより大きなステージには立てません。

なにより大事なのは昨年と同じ事をやっていて、何も変化が無いということを心配する事です。同じ仕事をしているのであれば業務スピードは上がっていて残業はゼロになるとかが望ましいですよね。