男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

今年も終わりになりますね。今年出来たことをまとめてみます。

2015年もそろそろ終わりですね。仕事が残らないように片付けて大掃除をすれば冬休みです。なので今年の振り返りをしたいと思います。

2015年は自分のペースで仕事が出来るようになった。

これ、一番大きかったですね。

自分の仕事の進め方に自信が出てきたのもありますし、教育担当して質問されたり指導したりする中で新たな発見もありました。2014年は、まわりの人を気にしたり、残業が月30時間と多くて常に疲れていたような感じがしてます。

現在は自分のやりたいように仕事を進める事が出来ますので、精神衛生上とてもいい仕事が出来ています。

新規追加業務は、勤務表とシフト表の作成。会計担当くらいかな。

外来レセプトの業務を中心にやっていましたが、2015年は勤務表・シフト表&会計担当がスタートしました。

勤務表・シフト表は前任の方法を引き継がず新しい方法で作成しました。これは前任と同じ方法で作成をしては同じ結果しか生まれないからです。

勤務表・シフト表の作成って意外と重要です。この部分でしっかりコントロールできれば職場は円滑に回りますし残業も減ります。自分としては残業を半減することを目標にしていました。

9月の時点で30%は達成しましたが、12月でも35%です。惜しくも50%は達成できませんでしたが来年に向けて、いろいろと研究していきます。

会計担当は前任者が退職の為、一時的なスポットで穴埋めの予定でした。でも後輩の成長が滞っているため現在も穴埋めをしている状態です。

決算とレセプトを同時進行する月初は大変な作業ボリュームですので、早く後任が欲しいです。その作業ボリュームなので、会計担当としては低空飛行を続けています。

残業は激減です。月平均10時間以下になりました。

もう一つは残業時間が激減しました。

残業をしないで良かった事はたくさんあります。このブログでもたくさん書いてきました。残業して残業代を稼ぐという小さな男は卒業です。

残業はしないと決めたら意外と出来るものです。5時に帰るんだと決めてしまえば勤務時間内に必死になって効率化を図ります。無駄なことも多く発見できるので医事課全体の業務改善にもつながります。

昨年と同じ仕事をしているのであれば、それは危機感を持った方が良いです。そして、同じ仕事なのに同じ方法で同じ残業時間ならさらに危機感を持ってください。

昨年と同じことに安心感を持つことは間違っています。仕事において同じことをやる事は衰退を意味しますので、現状に満足することなく改善を重ねてください。