男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

新聞は読んでいない人が多数ですね。

紙の新聞って定期購読してますか?たぶん自分と同じくらいの世代はかなりの確率で定期購読はしていないと思っていました。でもね、それが確信に変わりました。

f:id:sasakimaruo:20160418162702j:plain

医事課の会議で発覚。20人以上の中で定期購読しているのは5名のみ。

医事課の会議の中で診療報酬改定の話題になった時に新聞に書いてありますので各自で確認しましょう。的な話になりました。

でも上記に書いた通り新聞を定期購読しているのは5名だけでした。しかも、年齢が上から順番に5人まででした。若い世代は新聞を定期購読していないのです。

これは新聞社大変です。自分のまわりの若い世代は100%の確率で定期購読をしていないのです。独身の実家暮らしで親が定期購読しているというのはあるかもしれませんね。

課長の子供(25歳)も定期購読していないと言っていました。

今日の話のポイント。みんなが読んでいないのはチャンスなのでは?

自分の定期購読はしていません。一時期、タブレット購入して嬉しかったので、電子版を購読していましたがそれも辞めてしまいました。

今日のポイントとしては、新聞の定期購読をしていない人が多数だから自分も定期購読をしないで正解だった。ではなく、定期購読をみんなしていないのだから、あえて定期購読をする事で得られるメリットもあるんじゃないかな?って事です。

逆張りの発想です。

新聞を定期購読するメリット。

ここではあえて紙媒体で購読するメリットを考えてみます。電子媒体だと自分はダメです。結局自分の好きなジャンルしか読まないからです。

  • 紙で自宅に届くので全部を読もうとする。経済欄も政治欄も社会欄もスポーツ欄も全体的に情報を得ることが出来る。
  • 部長や課長にアピールできる?
  • 読み終えた新聞が積み重なっていく事で達成感を得られる。

あまりありませんね(笑)

しいて言うのであれば全体的に情報を得ることが出来る。って部分です。それも怪しいものですが。自分は電子新聞にして良くなかった部分がここなんです。自分の好きな欄しか読まないんです。そうすると結局Yahooニュースなどで読むのと変わらない事が増えました。

専門的に知りたければ新聞ではなく、有識者の解説を読みます。

読む新聞によって右派と左派が混在していますので「新聞 比較」などで検索してみてください。いろいろと面白かったです。

と言うわけで、来年の中ごろから新聞を定期購読するようにしようと計画中です。