読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

文句ばかりを言うだけの人はちょっと考えを改めた方がいい。

自分の職場を見回しましょう。または自分の言動を思い返してください。文句や不平や不満をグダグダ言っている人は多いですよね。そんな人に限って仕事はできなかったりしますから困りますよね。

今日はそんな「文句ばかり言う人」や「文句だけを言う人」について書いておきます。

 

f:id:sasakimaruo:20160418161308j:plain

年齢とか性別とかキャリアとか関係なし。

僕の働いている病院では、毎月医事課の勉強会があります。勉強会では算定ルールの確認や接遇のマナーについて話したり、今後の医事課の方針なんかも話をします。

その勉強会が終わった時の出来事が印象深かったのでお知らせします。

文句ばかりを言うだけの人はちょっと考えを改めた方がいい。

勉強会が終了した直後の廊下での話。もちろん上長はいません。

「なんで、こんな無駄な事するんだろうね。」
「他にもやる事はたくさんあるのに。」
「意味ないよね。」

まぁ、わりとよくある愚痴です。

たしかに、今回主任が発表したプロジェクトはよくわらない点も多く、発表するに値しない内容でした。でも、それを認めたうえで会議では何も言わなかった人たちです。

会議で何も言わないのに不平不満を言う。

しかも、そんな不平不満言っているのは勤続年数の長い人なのです。つまり「ベテラン組」です。いい加減、そんなこと言うのはやめた方がいいと思うんですけどね。

嫌なら辞めればいい。そんなに難しい事ではないハズですけど。「嫌なら辞めればいい」これだけですから。

もう年だから転職先が見つからないとか言うつもりなんでしょうか。

そんな人を雇っている院長がかわいそうだ。

普通なら、どこにも行けないような人間を雇っている(=雇ってくれている)病院に感謝して働かなくてはいけないレベルの人なのに、与えられたぬるま湯のような環境でただ文句を言うのです。

こんな人はどこに行っても文句を言うのでしょうけど…。

会議で何も言わないなら何も言うな。文句があるなら発言して行動しろ。

もう本当にここにつきます。

文句があるなら、不満があるなら、発言して行動するべきです。

ある程度の中堅クラスがそろって、文句を言う姿は見ていて悲しくなります。このブログを読んでくれている人は少なくともそうでない人になってほしい。

別に「頑張って組織や会社を変えていこう」とか言っている訳ではありません。会議などで何も言わないなら何も言うべきではないと言っているだけです。

全体の足を引っ張る行為をやめてほしいだけなんです。

本日のまとめ。

文句を言ったりして良い事はありませんね。