男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

悪性腫瘍特異物質治療管理料の算定について

医学管理の部分は、理解しているようでも理解できていない部分がたくさんありますよね。普段の業務ではなんとなく出来ていても改めて算定本を読んでみると新しい発見があったりします。

本日は悪性腫瘍特異物質治療管理料の算定について書いてみたいと思います。

過去の医学管理についてのブログはこちらからどうぞ。

 

www.office-iryoujimu.com

 

www.office-iryoujimu.com

悪性腫瘍特異物質治療管理料とは

B001_3 悪性腫瘍特異物質治療管理料について算定本を確認してみましょう。通知まで含めると長いので抜粋します。ちゃんと各自で算定本を確認してくださいね。一応最後に転記しておきます。

イ) 尿中BTAに係るもの 220点
ロ) その他のもの
( 1 ) 1項目の場合 360点
( 2 ) 2項目以上の場合  400点



佐々木まるおがまとめる注意事項は下記の通り(*・ω・)ノ

  1. 腫瘍マーカーと採決の費用は点数に含まれている。(注5)
  2. 月一回を限度して算定。(注1.2.3)
  3. 上記イとロを実施していたらロで算定する。(注4)
  4. 初回月に限り150点を加算できる。ただし前月に腫瘍マーカーの算定をしている場合は算定できない。(通知4)

これくらいです。それ以外は頭の片隅に入れておけばOKです。

ここが難しい。癌を疑う患者には悪性腫瘍特異物質治療管理料は算定しません。

自分の働いている病院でも新人はここで戸惑います。そうです。悪性腫瘍特異物質治療管理料は癌確定患者に対する管理料になります。つまり癌未確定の疑いの患者さんには算定できません。

未確定の疑い患者さんは→【腫瘍マーカー検査料+判断料+採血料】で算定します。

確定している患者さんは→【悪性腫瘍特異物質治療管理料】のみで算定します。

文字にして書くとそれだけなんですけどね。実際の計算最中に出会うと混乱しています。ポイントは癌病名があるかどうかです。レセプト点検の時もここに注意すれば大丈夫。

ただ、この算定方法には問題もあります。

初診の患者さんで癌病名が確定するかわからない患者さんもいるんです。特に自分が働いている病院では採血検査は簡単な生化学検査を除き外部委託しています。

つまり採血してから結果が出るまで時間がかかります。=初診時の会計では未確定の疑い患者さんとして【腫瘍マーカー検査料+判断料+採血料】で会計をします。

そしてレセプト点検の時に結果がわかります。もしも確定していても【腫瘍マーカー検査料+判断料+採血料】でいただいたお金を返金して【悪性腫瘍特異物質治療管理料】で再度いただくのが正しい方法ですがレセプトの修正のみで対応しています。

患者さんに【悪性腫瘍特異物質治療管理料】の説明をして100円の精算をするのは非効率ですので(・∀・)つ

どこかで、解決するかなぁ…。

最後に通知全文を載せておきます。興味がある人はどうぞ。

イ) 尿中BTAに係るもの 220点
ロ) その他のもの
( 1 ) 1項目の場合 360点
( 2 ) 2項目以上の場合  400点



1 イについては、別に厚生労働大臣が定める基準を満たす保険医療機関におい て、悪性腫瘍の患者に対して、尿中BTAに係る検査を行い、その結果に基づ いて計画的な治療管理を行った場合に、月1回に限り第1回の検査及び治療管 理を行ったときに算定する。

2 ロについては、別に厚生労働大臣が定める基準を満たす保険医療機関におい て、悪性腫瘍の患者に対して、区分番号D009に掲げる腫瘍マーカーに係る 検査(注1に規定する検査を除く。)のうち1又は2以上の項目を行い、その 結果に基づいて計画的な治療管理を行った場合に、月1回に限り第1回の検査 及び治療管理を行ったときに算定する。

3 注2に規定する悪性腫瘍特異物質治療管理に係る腫瘍マーカーの検査を行っ た場合は、1回目の悪性腫瘍特異物質治療管理料を算定すべき月に限り、150 点をロの所定点数に加算する。ただし、当該月の前月に腫瘍マーカーの所定点 数を算定している場合は、この限りでない。

4 注1に規定する検査及び治療管理並びに注2に規定する検査及び治療管理を 同一月に行った場合にあっては、ロの所定点数のみにより算定する。

5 腫瘍マーカーの検査に要する費用は所定点数に含まれるものとする。

6 注1及び注2に規定されていない腫瘍マーカーの検査及び計画的な治療管理 であって特殊なものに要する費用は、注1又は注2に掲げられている腫瘍マー カーの検査及び治療管理のうち、最も近似するものの所定点数により算定する。

通知

3 悪性腫瘍特異物質治療管理料

(1) 悪性腫瘍特異物質治療管理料は、悪性腫瘍であると既に確定診断がされた患者について、腫瘍マーカー検査を行い、当該検査の結果に基づいて計画的な治療管理を行った場合に、月1回に限り算定する。

(2) 悪性腫瘍特異物質治療管理料には、腫瘍マーカー検査、当該検査に係る採血及び当該検査の結果に基づく治療管理に係る費用が含まれるものであり、1月のうち2回以上腫瘍マーカー検査を行っても、それに係る費用は別に算定できない。

(3) 腫瘍マーカー検査の結果及び治療計画の要点を診療録に記載する。

(4) 「注3」に規定する初回月加算は、適切な治療管理を行うために多項目の腫瘍マーカー検査を行うことが予想される初回月に限って算定する。ただし、悪性腫瘍特異物質治療管理料を算定する当該初回月の前月において、区分番号「D009」腫瘍マーカーを算定している場合は、当該初回月加算は算定できない。

(5) 区分番号「D009」腫瘍マーカーにおいて、併算定が制限されている項目を同一月に併せて実施した場合には、1項目とみなして、本管理料を算定する。

(6) 当該月に悪性腫瘍特異物質以外の検査(本通知の腫瘍マーカーの項に規定する例外規定を含む。)を行った場合は、本管理料とは別に、検査に係る判断料を算定できる。

(例) 肝癌の診断が確定している患者でα-フェトプロテインを算定し、別に、区分番号「D008」内分泌学的検査を行った場合の算定

悪性腫瘍特異物質治療管理料「ロ」の「(1)」+区分番号「D008」内分泌学的検査の実施料+区分番号「D026」の「4」生化学的検査(Ⅱ)判断料

(7) 特殊な腫瘍マーカー検査及び計画的な治療管理のうち、特に本項を準用する必要のあるものについては、その都度当局に内議し、最も近似する腫瘍マーカー検査及び治療管理として準用が通知された算定方法により算定する。