男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

骨折非観血的整復術(徒手整復)で算定ミス。レセプト点検情報

2月になりましたね。今月もレセプト点検時期ですので頑張りましょう。

さて、このブログでも何度か書いている骨折非観血的整復術(徒手整復)についてですが同じミスがありました。同じミスを繰り返していては良くありません。

 

Break

同月に2回実施していて査定になった話です。

www.office-iryoujimu.com

骨折非観血的整復術(徒手整復)について過去に勉強会で発表。

この査定は過去にもあったんですよね。

しかも勉強会で取り上げた内容です。骨折非観血的整復術(徒手整復)は月2回は算定できません。注意してください。

今回の算定していた人は昨年の勉強会に参加している人なんですよ。なのに、今月のレセプト点検で見つけてしまいました…。

今日から開始したレセプト点検で発見しました。 まぁレセプトを送る前で良かったです。査定になるところでした。

骨折非観血的整復術(徒手整復)を2回実施した経緯。

いちおう、算定した経緯を聞いてみました。詳記を付ければ請求可能かもしれませんからね。

この患者さんは、5日に転倒したため来院しました。そのまま骨折非観血的整復術(徒手整復)を実施しました。

その後7日に再診。経過観察のためレントゲンを実施したところ再骨折?を発見。そのために、再度、骨折非観血的整復術(徒手整復)を実施したそうです。

これは明らかに同部位ですので2回目は算定できません。創傷処置で算定するのがルールとなっています。

診療点数早見表にも書いてあります。

(3) 徒手整復した骨折部位に対して2回目以降の処置を行った場合は、区分番号「J000」創傷処置における手術後の患者に対するものにより算定する。

本日のまとめ

勉強会で報告している内容なのに、同じ間違いをするのはレベルが低いと言わざるを得ません。

しっかりと診療報酬早見表を確認しておけば同じミスは起こらなかったはずです。

会社は学校とは違いますので、いつまでも教えてもらえるわけではありません。わからない事や不明点は自分で勉強していかないと取り残されていしまいますね。