男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

結核医療の公費算定。患者負担は5%です。レセプト注意事項

結核の医療証を持っている患者さんも来院します。僕の働いている病院では10人くらいです。肺(胸部)の専門医がいるので他院からの紹介もあります。

結核医療証は「結核医療費公費負担制度」で患者負担は「5%」になります。でも、「5%」になる対象範囲にはルールがたくさんあるので算定が難しいです。

ちゃんと勉強すれば大丈夫なので、今回は復習を兼ねて結核医療費公費負担制度について書いておきたいと思います。

f:id:sasakimaruo:20160418160739j:plain

最初に結論から。結核医療費公費負担制度で対象の医療範囲はこれ!

結核医療費公費負担制度では下記のものが公費負担で認められています。

  • 化学療法とそれに伴う処方料、処方箋料、調剤料、調剤技術基本料
  • 結核菌検査(塗抹検査、培養検査、薬剤感受性検査)
  • X線検査(単純XP撮影、CT撮影)
  • その他検査(抗結核薬の副作用の早期発見に必要な血液検査、眼科検査、耳鼻科検査等に限る
  • 外科的療法(処置、入院、手術)
  • 骨関節結核装具療法

以上です。

まぁ、よくわかりませんねw

つまり、必要最低限の医療のみが対象となっているのです。

医師が採血検査をたくさん実施していたら本当に算定できるかどうか一つ一つ判断する必要があります。

結核菌検査(塗抹、培養、薬剤感受性)で算定OKな検査番号

僕が働いている病院で公費負担(5%)で算定している検査一覧です。

  • D017 排泄物、滲出物又は分泌物の細菌顕微鏡検査
  • D018 細菌培養同定検査
  • D019 細菌薬剤感受性検査
  • D020 抗酸菌分離培養検査
  • D022 抗酸菌薬剤感受性検査

これ以外の検査は基本的には3割(1割)で算定しています。支払基金に確認済みです。

その他検査(抗結核薬の副作用の早期発見に必要な血液検査、眼科検査、耳鼻科検査等に限るってなんだ?

そんなもん知りませんよね。

こうやって書き方をあいまいにしておいてイザってなったら「医学的に認められない」って言われます。

でも、僕が働いている病院であれば月に一回の生化学1のまるめ検査は査定になりません。あと末梢血液一般検査などのスクリーニング検査と言われるものはOKです。

今のところは査定がありませんし支払基金と国保連合と保健所に確認しました。

結核医療費公費負担制度で算定NGなもの!

逆に算定できそうなのにできない項目も書いておきます。基本的には上記の項目以外は算定不可能(自己負担3割~1割)になります。僕が働いている病院で過去に間違えたり査定された項目です。

診察料

初診や再診料は算定できません。もちろん外来管理加算も算定不可です。

医学管理

特定疾患療養指導料や診断書、診療情報提供書も公費負担外です。

結核菌検査

核酸増幅法、PCR検査、ADA検査(D007-13)

MRI

CTはOKですけどMRIは算定不可です。

本日のまとめ

結核公費の算定は難しいですよね。

患者さんも請求書が2枚になりますので迷惑そうです。僕の働いている病院では複数の公費を使用していたり、自費分はそれぞれ領収書を発行しています。

特に結核菌検査なのに算定できる項目とダメな項目がある部分が困りますね。

算定できる項目:結核菌検査(塗抹検査、培養検査、薬剤感受性検査)とか書かれても困ります。ちゃんと算定本の番号で書いてくださいって感じですよ。

 

参考にしたサイトです。お世話になりました。

横浜市HPのPDF
http://www.city.yokohama.lg.jp/minami/upimg/tbsetsumeisyo372.pdf

神戸市HPのPDF
http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/infection/tb/img/kohifutan37-2.pdf

オホーツク総合振興局HPのPDF
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/kouhitaisyou0301.pdf