男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

どんな個人の意見も「医事課」となります。

普段の業務の中で他部署や患者さんからクレームを言われる事があります。

今回はそんな言い方や考え方の話をします(*・ω・)ノ

f:id:sasakimaruo:20160418160740j:plain

どんな個人の意見も「医事課」となります。

これ実際につい先日の話です。医事課Aさんと外来看護師Bさんの些細な言葉のニュアンスで大事になってしまった話。

外来から診療を終えて会計窓口に患者さんが戻ってきました。患者さんが持っていたファイルの中に外来看護師からのメモが入ってましたが、そのメモの内容が理解できません。

なので、医事課Aさんは外来へ問い合わせを行いました。その時に言葉や対応が良くなかったらしく外来からクレームが入りました。

自分の不手際やミスがチームの足を引っ張る事になる。

これ、あまり理解していない人がいますよね。特にある程度の年数を経験したお局タイプの人に多いと実感しています。

自分の意見を押し通す事が正解ではありませんよね?今回の場合で言えば「メモの内容を正確に理解して患者さんへ間違いのないようにする」これだけです。

「医事課Aさんがこう言った」とか「外来看護師Bさんが間違った」はその次の話です。

自分に言わせれば次元の低いくだらない話なんですよ。それが医事課VS外来みたいな感じになって上司まで出てきて…。はぁ(TдT)ノ

ちゃんと仕事しましょうね。

今回の件で外来からすれば、「医事課は言い方が悪い」「医事課は理解できない」「医事課は何も出来ない」となってしまいます。たった一人の散漫な対応が原因でいままで積み上げてきた信頼が崩れてしまいます。 もちろんその逆もあります。

組織で働いている以上は個人の意見より大事な事があるので、ちゃんと考えてから行動して仕事をしましょう。

それが嫌なら独立してフリーになって仕事をするべきです。でも、そんな人がフリーになって仕事が出来るとは思えませんけど。自分の人生ではないので止めません。好きに生きるのは自由です。

作業ばっかりしてないで、ちゃんと仕事しましょうね。