男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

鼻腔・咽頭拭い液採取(5点)が新設でした。診療報酬改定情報。

はじまりましたね。新年度です。診療報酬改定も無事に終わってこれからはひたすら疑義解釈やQAとにらめっこする時期になります。もう少し頑張って情報収集を続けます。

 

f:id:sasakimaruo:20160424111735j:plain

鼻腔・咽頭拭い液採取(5点)が新設されていたよ。

ひっそりと新設されていた鼻腔・咽頭拭い液採取(5点)ですが、自分の働いている病院ではインフルエンザ検査やMRSAや溶連菌の検査実施時に算定できると考えています。

インフルエンザの鼻グリグリで鼻血した自分としては5点でも少ないと感じますが、背景としては手技料の適切な評価という事になるんでしょうね。

1日に受診した患者さんにインフルエンザ検査をしていましたので、鼻腔・咽頭拭い液採取(5点)を算定してみました。

厚労省発行の診療報酬改定資料126ページに記載されています。
PDFはこちら→ http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000115983.pdf

画面コピーはこちら↓

f:id:sasakimaruo:20160424111848j:plain

他にも漏れていないかチェックを続ける必要があります。

今回は1日の朝に他のスタッフが気がついてくれたので、マスタの整備を行い業務に支障はありませんでした。でも他にも新設や変更した部分で上手く反映できていない部分があるかもしれません。

リハビリや点滴など毎回同じ金額を払っていた患者さんは金額の変更に敏感ですので、当面の計算業務は最新の注意を払いながら行っていきます。

通常の2倍の人員を配置して対応していますので、大きなミスもなく乗り越えていけたらいいなと思っています。まぁ悩んでいても仕方ありませんので明るく前を向いて業務にあたります。