読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

生化学的検査(Ⅰ)などのスクリーニングで病名は不要ですよ。

びっくりしました。経験が浅いスタッフを教育中です。

その後輩の外来レセプトのダブルチェックをしていたら生化学的検査(Ⅰ)などのスクリーニングに対し「肝機能障害の疑い」とか病名を付けていました。

 

f:id:sasakimaruo:20160424104432j:plain

生化学的検査(Ⅰ)などのスクリーニングで病名は不要です。

本当にびっくりしました。この後輩は何事もしっかりとやるタイプなので仕事も任せれば問題なくやってくれるのですが、今回のように、悪く言えば「生産性」が低いです。

生化学1などのスクリーニング検査で「肝機能障害の疑い」なんて病名付けをしているから生産性が上がらないんですよね。

僕が働いている病院に限らないと思いますが、生化学的検査(Ⅰ)などのスクリーニングはほとんどの患者さんが実施しています。

1分の短縮を続けて行けば相当な時間になります。

レセプトに病名を入れるのは1件あたり1分もかからないかもしれませんが、何件分のレセプト点検をしているのか考えましょう。

全部になると相当な時間になります。先月分を削除する時間もあります。

残業してレセプト点検したところでどのくらい査定が減るの?

支払基金にも査定のノルマなどありますので、完全に査定や返戻がなくなる事はありません。今月は査定がありませんでした。っていう病院あるんですかね?少なくとも自分は知りません。

スクリーニング検査で病名を付けているのはヘモグロビンの糖尿病と尿沈渣(鏡検法)の尿路感染症くらいですよ。

後輩にも病名不要と教えておきましたので少しはスピードアップすると良いですねぇ。