読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

何かひとつだけアドバイスを言うとしたら。

どうしたら「A」評価になるかわかりません。

みたいな相談がありましたので回答します。本当は人それぞれ輝ける場所で働くのが一番なんです。なのでアドバイスも多岐にわたります。なので今日は僕がどの職場でも大事にしてきたことを書いておきます。

仕事が出来ないうちはとにかくスピードです。

みんな仕事が遅いんですよ。

僕が後輩に指示しても30分以内に完成する人はほぼいません。早い人で半日くらいです。先輩や上司に仕事を依頼されたらどのくらいで完成させますか?

また優先順位はどうなっていますか?

僕は上司に仕事を振られたら最優先で取り組みます。そして7割くらい完成させたら提出します。ここがポイントですね。

100%を目指しても意味がありません。どうせ上司に提出したら修正が入ります。なので70%で1度提出して確認してもらいます。作業ボリュームによりますが上司に早いと思わせるスピードが大事です。

誰にでも出来る単純作業は何よりも評価を上げやすい。

封筒でもホチキスでもいいんですが、誰がやっても同じ仕事ってありますよね。

アルバイトやパートさんがいれば担当するような仕事です。自分の働いている病院でもたくさんあります。

上司から「ちょっといい?」「ちょっとお願い!」みたいな仕事から吸い上げていく必要があります。

今では単純作業をしていると「それは佐々木以外の人にやらせて」となります。

最近は受付やカルテに入る時間も減りつつあります。他の医事課スタッフとは時間の流れ方が違います。「会計」と「システム更新」と「新システム導入」と「経営資料作成」などなど、1年前には担当していなかったことを担っています。

未経験で転職したばかりの頃は電話ばかり取っていました。

電話なら誰でも取れますからね。とりあえずワンコールで出る。

そこでわからなければ先輩たちに聞く。意外と電話に出る人っていないのでおすすめです。どんな人から電話が掛かってくるかもわかります。最終的には自分の担当業務が無くなります。

上司にとって必要な人材になると自分の担当業務が減っていきます。上司が困った時や動けない時に仕事を振る人が欲しいですからね。そうやって少しずつ上司の仕事を知っていくといろんな事が理解できます。

本日のまとめ

スピードがとにかく必要です。