男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

ベトナム・ハノイ海外旅行で現地SIMカード(Mobifone)を買って使用した感想。

ベトナム・ハノイに5日間旅行に行ってきました。

今回の旅行で悩んだのはネット環境をどうするかということ。ベトナム語はもちろん、英語さえほとんどできないのでスマホは必需品です。グーグルマップと翻訳ソフトがあれば基本的に困る事はありません。

f:id:sasakimaruo:20160503152855j:plain

海外旅行でインターネットを使用するには3つの方法があります。

  1. 日本で使用しているキャリアの携帯そのまま使用する。
  2. モバイルルーターをレンタルする。
  3. 現地で携帯電話(SIM)を買う。

1と2については知識がなくてもお金を払えば問題なし。現地に行ってもすぐに使えます。細かな検討するのがめんどくさい人は2をお勧めします。日本で設定して海外に持っていくだけでそのままネットが使えるのは嬉しいです。しかも空港でもらって空港で返却できる会社もあります。

以前海外へ行った時はネット環境もWIFIもモバイルルーターもすべての知識が不足していましたので下記の様な会社に頼りました。

今回は現地SIMカード(Mobifone)を買ってみました。

昔と比べてネット環境もWIFIもモバイルルーターの知識も増えたので今回はベトナムで現地SIMカードを購入しました。

結果から言うと大成功でした。ベトナム旅行中に問題なくネットが使用できましたので迷子にもなりませんでした。

値段もノイバイ国際空港で払ったSIMカード代+プリペイド代の250000ドン(1200円くらい)で済みました!!安い!!キャリアのローミングやレンタルルーターより安いです。その分は土産代になります。

今回使用したMobifoneという会社はベトナムでは有名な会社らしく街中でもよく見かけました。特にどこのキャリアを使用するとは決めていなかったのですが、ノイバイ国際空港到着が遅かったのでMobifone以外の店舗は閉店でした。

現地SIMカード(Mobifone)の設定方法。

事前にネット検索したりして準備して行きました。ベトナムでは先払いのプリペイド式なのでどれくらいの金額にするか聞かれます。自分は上記の通り250000ドンを支払いをしました。6.BMIUです。5日間で家族分ですので3GB使用できるプランです。50000ドンが手数料なのか、SIMカード代なのかは不明です。

f:id:sasakimaruo:20160503154259p:plain

帰国後の感想としては5.M120でも容量は足りたかもしれません。ベトナムに限らず海外はフリーWiFiが豊富ですので個人で万全のネット環境を揃えなくでもいいです。自分が宿泊したホテルはもちろん、カフェやレストランなど休憩したところはWiFi環境が整備されてました。日本のようにパスワードを求められることも会員登録することもありません。

設定に関してはSNSを使用して行います。しかし自分ではやりませんでした。店員さんに「セットして!」って言ってみたら「OK」って言ってやってくれました。たぶん手慣れていたので観光客には良く行うサービスなのかもしれません。

日本で検索する必要はありませんでした。

ベトナムはまだ3G環境ですよ。現地SIMカード(Mobifone)の通信速度と使用方法

それでは実際の通信速度はどのくらいだったのか貼り付けておきます。

今後はLTEが整備されていくと思いますがベトナム・ハノイではまだ3Gとなります。計測したのはハノイの旧市街周辺となります。自分はSIMフリースマホは持っていませんのでFS010W という富士ソフト製のSIMフリーモバイルルーターを持っていきました。

そこから自分と妻とiphoneにつないでました。こんな時、SIMフリーのiphoneやスマホがあれば便利ですね。シムロック解除しておこうかな…。

下記の写真にあるように自分のiphoneから簡易的に調べたところ1Mbps前後でした。まぁ3Gですので仕方ないですね。でも1Mbpsあれば、旅行中のGoogleマップやネット検索くらいは問題なく使用できました。

今回の旅行ではハロン湾にも行きましたが、道中やクルーズ中も問題ありません。今いる場所がすぐにわかるのでGPSがあると楽しくなります。

f:id:sasakimaruo:20160503161056j:plain

f:id:sasakimaruo:20160503161104j:plain

f:id:sasakimaruo:20160503161111j:plain

この記事は2014年9月現在の情報です。