男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

ロコアテープの処方が増加中。レセプト点検時注意する4つの注意事項。

ロコアテープが発売開始になって半年ですね。処方されている患者さんも増えてきましたが、その反面、保険算定上難しい部分もありますので勉強を兼ねてまとめてみました。

f:id:sasakimaruo:20160516233045j:plain

ロコアテープってなんだ?どんな治療薬なの?

ロコアテープは簡単に言えば湿布です。痛い所に貼って炎症を抑えてくれます。有名なところだとロキソニンテープとかモーラステープですね。

詳細は添付文書↓

TEIJIN Medical Web 帝人ファーマ株式会社

医療事務員のためのロコアテープ注意事項 その1(1日2枚制限)

ロコアテープの添付文書を確認していきましょう。まずは「1日1回、患部に貼付する。同時に2枚を超えて貼付しないこと。」と書いてあります。これには理由があって

本剤2枚貼付時の全身曝露量がフルルビプロフェン経口剤の通常用量投与時と同程度に達することから、1日貼付枚数は2枚を超えないこと。本剤投与時は他の全身作用を期待する消炎鎮痛剤との併用は可能な限り避けることとし、やむを得ず併用する場合には、必要最小限の使用にとどめ、患者の状態に十分注意すること。 となっているからです。

簡単に解釈すると「フルルビプロフェン経口剤」という薬は120mg/日という上限があります。2枚貼るとそれと同じになるから避けてね。って事です。

医療事務員のためのロコアテープ注意事項 その2(必要病名)

効能・効果は「変形性関節症における鎮痛・消炎」です。つまり変形性膝関節症などの病名が必要です。単純に腰や肩が痛いからと言って処方するとこはNGです。

今月も中学生で部活中に腕を痛めた患者さんに処方している例がありました。変形性腕関節症なんてありませんからねぇ。

医療事務員のためのロコアテープ注意事項 その3(新薬14日制限)

新薬のため処方制限があります。新薬は発売から1年間は14日分までの処方制限がありますのでロコアテープは1日1回2枚まで貼れるので最大で28枚までとなります。2016年11月までの制限となっています。

医療事務員のためのロコアテープ注意事項 その4(禁忌)

なんとロコアテープは内服薬との禁忌があります。

・エノキサシン水和物

・ロメフロキサシン(ロメバクト・バレオン)

・ノルフロキサシン(バクシダール)

・プルリフロキサシン(スオード)

痙攣があらわれたとの報告がある。と書いてあります。上記の処方と併用は必ず詳記をつけて請求します。

本日のまとめ

ロコアテープが処方された時は上記4つの注意事項くらいは必ず確認しましょう。医師は意外と知らない事多いですからね。