男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

病院でクレジットカードが使用可能です。カード決済導入の背景。

自分が働いている病院では入院も外来もクレジットカードの使用が可能です。もちろんデビットカードや交通系ICカードも対応しています。院内にATMが無い事も関係ありますが本日はクレジットカード決済に導入について決定した背景を書いておきます。

f:id:sasakimaruo:20160518205606j:plain

クレジットカード決済(デビットカードや交通系ICカード含む)を導入するメリット

まずはメリットから。

カード決済を導入すると患者さんによっては喜ばれます。ポイントがたまるとか、そもそも現金を持ち歩きたくない人もいます。つまり「選択肢の増加」による「患者満足度」の向上です。現金もクレジットもデビットも交通系ICも可能とすることで病院の受診の動機になるのです。

また医業未収金にも大きな改善効果があります。病院で未収金が発生するタイミングは入院時や救急診療の時です。導入以前は手持ちの現金が不足していたら後日会計になっていました。支払いの選択肢にクレジットカードがあることで未収を防ぐ効果があります。実際に未収金の件数は減少傾向にあります。

医業未収金は大きな問題ですから減少できるのであれば良いですよね。

クレジットカード決済(デビットカードや交通系ICカード含む)を導入するデメリット

次はデメリットです。実はデメリットも多々あるので実務担当者には負担が大きくなりました。

まずは決済の手数料が必要になる。カードの種類によっても違いますがだいたい5%前後くらいの決済手数料が必要になります。これは患者さんに請求しませんので病院が支払います。つまり現金で10000円とカードで10000円では病院の収益は違うのです。

その他にも会計業務が煩雑になります。クレジットカードは月遅れで入金されますので現金ベースで管理している病院は事務作業が増えます。また決算時などにも影響してきます。自分が担当者になった時に作業の煩雑さに戸惑いました。

本日のまとめ

自分が働いている病院ではメリットの効果が多いと判断したためクレジットカード決済を導入しました。ただ結果としては、高齢者が多い病院で利用率はそこまで上がっていません。上記のように未収金は減りましたが手数料もかかっています。そして担当者の作業量は増えています。

なので50点くらいですかね。