男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

先輩だからっていつまでも上にいるとは限らないです。

悪い意味ではありません。年上の人はちゃんと敬いましょう。

ただね、仕事で成果を上げていくと先輩よりも裁量や権限が多くなります。これは上司の目線で考えたら当然のことです。なので、今日は先輩だからっていつまでも上にいるとは限らないです。

f:id:sasakimaruo:20160604214826j:plain

仕事は結果を出せる人のところに集まってくる。

最近、上司から直接仕事を依頼されることが増えてきました。相談されることも多いです。

今までだったら僕ではなく、ほかの先輩がやっていたような内容です。担当業務とは関係ないアンケート調査や突発的な資料作成などです。

看護部や薬剤部など他部署からの質問や問い合わせもあります。どこの職場でも担当業務とは関係ない仕事をやらなくてはいけない時があります。通常は主任クラスやそれなりの経験者がやります。

算定内容を質問されるようになります。

医療事務をはじめたころは右も左もわかりません。なので、不明点は先輩たちに質問する必要があります。

しかし、あるタイミングから逆転してきました。

僕がレセプト担当と言うこともありますが、以前質問をしていた先輩たちから質問をされるのです。「この処置はこれでいいよね?」とか「この検査は算定していいの?」とかです。

僕は不明点があれば徹底的に調べるし質問も多くします。またブログを通じてアウトプットもしているので先輩たちよりも知識が増えるスピードが圧倒的に早いです。

家帰ってビール飲んでいる人とは差がつくのは当然です。

本当にその通りですよね。

「残業して家帰ってビール飲んでソファーでうたた寝。気がついたら夜中で風呂入って寝る」みたいな生活している人に負けるはずがありません。

「残業なしで7時にはご飯食べて家族サービスや勉強して11時には寝る」みたいな生活しているんです。

家帰って勉強してアウトプットもしているので普通にしていれば知識は増えていきます。

本日のまとめ。

これからは後輩も増えてきますが現状のメンバーを見る限り安泰です。帰宅後に自分より勉強している人はいません。

これは良い事ばかりではありません。本来なら競争が生まれお互いに切磋琢磨していくことが望ましいですからね。

後輩は先輩たちを抜かすように努力しましょう。

先輩たちは後輩にポジションを奪われないように努力しましょう。