男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

フォルテオ皮下注の投与期間24ヵ月(26回処方)です。在宅自己注射指導管理料は25ヵ月まで。

フォルテオ皮下注については過去に返戻があったりしましたが、医療事務員にとっては算定上も難しくはない基本的な部分ですよね。

でもフォルテオって何回処方できるか考えたことありますか?

f:id:sasakimaruo:20160709235155p:plain

フォルテオ皮下注の最長投与期間は24ヵ月です。

これは有名です。フォルテオ皮下注は2年を超えてはいけません。添付文章にもしっかり書いてあります。

【用法・用量】

通常、成人には1日1回テリパラチド(遺伝子組換え)として20μgを皮下に注射する。 なお、本剤の投与は24ヵ月間までとすること。

フォルテオ皮下注キット600μg添付文書 【用法・用量】 https://www.lilly.co.jp/_Assets/pdf/lillyanswers/products/tenpu_for-kit600.pdf

でもここで問題が発生です。フォルテオは1キット28日分の注射キットになります。つまり28日分ごとに処方していくと24回では2年になりません。

本剤の投与は24ヵ月間までとは?

医事課内で解釈に違いがありました。添付文章に本剤の「投与は24ヵ月間まで」と書いてあるので、

処方回数が24回まで派 と 処方回数が26回まで派に分かれました。

処方回数が24回まで派の意見としては、1キット28日分を1ヵ月と考えていました。

処方回数が26回まで派の意見としては、1キット28日分 × 26回処方 = 728日分(24カ月=365日×2年=730日)

困った時の支払基金に確認です。

ググってもいい情報がありませんでしたので支払基金&国保連合に確認しました。

すると両方とも処方回数が26回まで可能と回答がありました。

つまり月末に処方が開始になると26回処方する間に25ヵ月必要となりますので、在宅自己注射指導管理料は25回算定可能となります。

本日のまとめ。

  • フォルテオ皮下注は1キット28日分

  • 最長投与期間は24ヵ月

  • 1キット28日分 × 26回処方 = 728日分

  • 投与開始日によっては在宅自己注射指導管理料25回算定可能

www.office-iryoujimu.com

もっと知りたい人は公式HPをどうぞ。 www.lilly.co.jp

添付文書です。 https://www.lilly.co.jp/_Assets/pdf/lillyanswers/products/tenpu_for-kit600.pdf