読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

ミュージックポートレイトが面白い。佐々木まるおが選ぶ大切な10曲(前編)

ミュージックポートレイトって知っていますか?Eテレで毎週木曜の午後10時から放送している対談番組です。

質問「あなたの人生で大切な音楽を10曲、選んでください」
2人の著名人が、大切な10曲を持ち寄り、語り合います。
まったく違う道のりを歩いてきた2つの人生が、音楽を通して響き合います。

すごい面白いです。毎週ちゃんと見ている番組は数少ないのですがこれは妻と一緒に見ています。

自分も10曲選んでみました。

1曲目:最初に買ったCD「エロティカ・セブン サザンオールスターズ」

これ3年生のころですね。それまでは音楽を聴くって事は自分の生活の片隅でした。車で流れてくるBGMもテレビの曲もオマケ程度の間隔でした。別にサザンオールスターズや桑田さんが大好きだったというわけでもなく、ドラマの主題歌や売れているからCDショップで買ってもらったって記憶があります。たぶん売上1位ってところにあったんじゃないかな。

2曲目:バンドがカッコいい「Over Drive JUDY AND MARY」

小学校4年生~6年生くらいです。このころはJポップを聞きまくっていました。当時はTSUTAYAってシングルのレンタルが当日返却だと15枚で1000円くらいでした。最寄り駅にTSUTAYAがあってレンタルしてMD(これも懐かしい)に録音して返却していました。スピッツ、シャ乱Q、MY LITTLE LOVER、Mr.Children、globe、JUDY AND MARY、ZARD、奥田民生、槇原敬之、藤井フミヤ、久保田利伸、ウルフルズ、THE YELLOW MONKEY、いくらでも書けます。

小室哲哉さんの全盛期でしたので自分ももちろん聞いていましたが、自分で曲を作って自分で演奏するスタイル&エレキギターに興味が出てきました。バンドってカッコいいな。と言う衝撃を覚えています。ここからアイドルやユニットよりバンドを中心的に聞くようになります。

3曲目:同い年の衝撃「Body & Soul SPEED」

これは同い年(島袋寛子さん)の人間がテレビに出演していることに驚きを覚えました。小学生でテレビ含めこれだけの有名人はいませんでしたからね。このころはサッカーをやっていたのでサッカー選手になって見返したいみたいな燃え上がるような気持ち(嫉妬?)があったことを覚えています。

4曲目:価値観が変わった「終わらない歌 THE BLUE HEARTS」

これ衝撃でした。ボーダーっていう漫画で知りました。この時はハイロウズになっていましたので。とにかく歌詞が良い。中学生くらいの世間を知らないガキがブルーハーツ聞いたらぶっ飛んだって話です。

中学生くらいの時って反抗期じゃないけど、全部が嫌になる時ってありますよね?学校ってなんだ?みたいな感じのアレです。ブルーハーツをこの年で聞けたので特別だったんだと思います。自分は自分で良いんだって。

5曲目:自分で楽器を持つ「連弾 てるる...」

前半最後は、超マイナーですが自分の中では無くてはならないバンドです。高校生の事にてるる...に出会い自分で演奏するきっかけなのです。(自分は最初の就職先は音楽企業です。)このバンドのギターヴォーカルの渡辺豪さんは中学生の頃に同じクラブチームのチームメイトだったのです。一緒にサッカーをやっていた仲間が高校でバンドを開始したのです。

もちろん最初は吉祥寺のライブハウスでお客さんが自分だけ。みたいな時からメジャーデビューまで見届けました。頑張る事。練習は裏切らない。って事を近くで見れた事は良かったです。今はソロプロジェクトで違う方向に進みましたが音楽の世界で頑張っていてすごいと思っています。

本日のまとめ

小学生くらいから高校までのミュージックポートレイトです。次回は後半(高校~30歳くらいまで)を書いてみたいと思います。

www.office-iryoujimu.com