男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

造影剤イマジニールを使用!?平成28年3月31日で廃止の経過措置医薬品。

腎盂造影検査(DIP)している患者さんのお会計を出そうとしたらコスト伝票にイマジニール300注20mLの記載がありました。通常はオムニパークやイオパミロン・オプチレイ・イオメロンなどは使用しますがイマジニールは聞き覚えがありませんでした。

会計を出す時には意味不明な伝票がくると混乱するし嫌ですね。

The X-ray

困った時は薬価本をみる。

目の前にある今日の今日の治療薬 で探しました。でも見つかりません。

こうなるとますます慌てます。いったいイマジニールってなんだ?

新薬かもしれないと思って薬剤部に確認します。

結果は平成28年3月31日で廃止の経過措置医薬品。

つまり使用してはいけない造影剤でした。薬剤師に確認をしたあとにググって調べてみました。確かに平成28年3月31日で廃止の経過措置医薬品の一覧の中に ありました。

患者さんには保険請求できない造影剤を使用していた説明を行い単純CTの金額のみをいただきました。

放射線科の言い訳

放射線科はイマジニールが平成28年3月31日で廃止の経過措置医薬品だとは知らなかったそうです。

知らない事は大きな問題ですね。

造影剤便覧には特に記載がないそうです。

廃止になる経過措置医薬品の確認方法

これを気に医事課でも経過措置医薬品の把握を徹底する事になりました。経過措置の確認方法はたくさんありますが一番いいのは支払基金のHPです。ちゃんと困らないように一覧を掲載しくれています。

医薬品|社会保険診療報酬支払基金

他にも使用する可能性があるけど経過措置医薬品を過ぎた薬剤を洗い出しました。関連部署へ報告を行い経過措置医薬品を過ぎた薬品は使用しないように説明を行いました。

これで今回のようなトラブルは二度と起こりません。