男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

医療事務には将来が無いって?そりゃそうでしょうね。

医療事務の将来を心配している人って多いですよね。わかりますよその気持ち。医療事務の仕事の多くは将来的にロボットテクノロジーが奪っていく運命になります。大病院では会計に人はおらず機会を導入しています。受付も機械でOKです。

レセプト点検もこれだけレセコンが発達して審査機関もコンピューター点検を導入している中で、くだらない医療事務資格のように電卓と紙セレプトなんて時代遅れも良い所です。

だからって、医療事務は将来が無いのでしょうか?確かにこのままでは医療事務は将来がありませんね。でも新しいテクノロジーやシステムが入ってくるって事はそれだけ新しい仕事も増えるって事です。

なので医療事務の本質を知らず、レセプト(診療報酬)も理解していない人は辛く悲しい未来が待っています。

f:id:sasakimaruo:20160804214804j:plain

医療事務には将来が無いって?そりゃそうでしょうね。

自分の働いている医療事務員の7割はこのままでは悲しい未来が待っています。だって本気じゃないもの。どの仕事でも言える事ですが世の中「2・6・2」の法則になっています。上位2割にならないならその仕事は向いていないのかもしれません。

女性で結婚して専業主婦や旦那の扶養で家計の足しになればいいやって考えている人は別問題なので割愛します。

問題は医療事務で生きている人たちです。本気でやっていますか?本気になれない?上司がムカつく?病院が嫌なの?

嫌なら自分で変えればいい。

上司のいう事なんか知らないんですよ。だって30になるまで医療事務や病院の事なんて知らなかったので医療事務としての「あたりまえ」とかなにそれ?美味いの?って感じです。

僕が嫌な事や不便な事はみんなにとっても修正したいポイントなんです。医事課や病院を変えるのは院長や部長や課長じゃないんですよ。若手が面白くて楽しい会社は強いので言いたい事言ってもいいです。

主任には嫌わるかも知れないけど部長には好かれるかもよ。

肌感覚でしかありませんが300名以下くらいの組織であればある程度のわがままを言い続けても、結果を出し続ければ何の問題もありません。100名くらいならば最高ですね。

男性の医療事務がやるべきことはたくさんあります。将来が楽しみですね。

www.office-iryoujimu.com

www.office-iryoujimu.com