男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

【今週のお題】夏映画と言えば「ピンポン」と「マイケル・ジャクソン This Is It (字幕版) 2009」

今週のお題「映画の夏」についてです。

あまり映画について詳しくないので偉そうな事を言えませんが夏の映画と言って真っ先に頭に浮かんできたのが「ピンポン」と「マイケル・ジャクソン This Is It (字幕版) 2009」です。

知っている人の方が多い映画ですので細かい説明は不要ね。

f:id:sasakimaruo:20160814220225j:plain

夏は映画の季節

最近はテレビにFire TV Stickを差し込んで映画を見ています。

その他にもFire タブレットもありますので寝る前の映画鑑賞もバッチリです。

なにが夏は映画の季節かと言いますと、夏は暑いじゃないですか?こんな暑い中どこかに出かける勇気はありません。仕事に行くので精一杯です。なので休みの日は自宅でのんびりするのが1番だと信じています。

出かけるにしても夕方以降にしています。

家を買ったので家を愛そうとしているところです。家なんて超高いんだから遊びつくさないともったいないですよ。

なので本日の結論。夏は家で映画を見るのが一番!!

ピンポンは何度見てもいい。

松本大洋好きなんですよね。

妻も好きだったので結婚当初は本棚に同じ本がありました。その中でもピンポンは夏の定番です。

映画ももちろん良いですね。

絶対に負けない唯一の方法はだな 闘わないことだ

 

頂点に立たなければ、 見えない風景というのが あるんだよ

 

I Can Fly!!

 

この星の一等賞になりたいの卓球で、オレは。そんだけ!

いやぁ、名言多いです。中学生の自分にドンピシャ!

藤沢が舞台なのも良いです。

宮藤官九郎に高校生の頃だったのでとても憧れていました。(GOからのピンポンでしたからね。その後は木更津キャッツアイ。)

マイケル・ジャクソン This Is It (字幕版) 2009は少し違う

音楽をやっていた自分にとってマイケル・ジャクソンって特別な存在でした。

ジャクソン5からはじまって死に至るまでスーパースターなんですよね。

映画自体は夏の映画ではありませんが、 2009年の夏は少し特別な感情だったのを覚えています。

最近は家にいても映画を見る手段には困らない。

ネット社会って映画も見方も変えました。僕が小学生くらいのころは映画を見ようとしたら「映画館へ行く」か「ビデオレンタル」か「テレビ(WOWOWや金曜ロードショーなど)」しかありませんでした。

でも最近はいろいろな方法で映画を見る事ができます。どうしても最新作を迫力の大画面で鑑賞したい!っていう人以外は映画館に行かなくても十分満足できるコンテンツに溢れています。

涼しい自宅の部屋で良いテレビとスピーカー(一人ならヘッドホンでもOK)があってソファーに座り(又は寝転がり)ながら鑑賞する映画も悪くないです。トイレも一時停止もビールもコーヒーもお菓子もアイスも自由自在です。

自宅で映画を見る方法。

現在使用中。豊富なラインナップです。プライム会員

4月まで利用していました。「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

過去に利用していました。自宅のポストにDVDが届きます。宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

新作映画が見れる!映画配信サービス【クランクイン!ビデオ】

WOWOW

Hulu

Netflix

などなど。他にもいろいろありますね。

個人的にはアマゾンプライムで満足ですが妻はdTVの方が良かったみたいです。ラインナップも料金もそれぞれ違うので気になる人は比較サイトなど確認してみると良いですね。