男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

ギプスの半肢とは?上肢・下肢の範囲について。

ギプスの解釈が人によって違うと困りますよね。大きさによって点数が変わりますので患者さんの負担も大きく変わってきます。

レセプト点検で発覚しましたのでいま一度ギプスの半肢とは?上肢・下肢の範囲について復習してみました。

本日の要点。

最初に結論から書いておきます。

  • 半肢と上肢の違いは肘を超えているかで判断する
  • 半肢と下肢の違いは膝をこえているがで判断する

ポイントは「肘」と「膝」です。

ここを超えてギプスをしていたら上肢・下肢の算定をしてOKです。

まずはギプスの算定範囲について

みんな大好き算定本で確認しましょう。算定本では607ページです。ギプスは処置の区分になります。第9部処置第1節の中にあります。

四肢ギプス包帯

 J122 四肢ギプス包帯

 1 鼻ギプス 310点

 2 手指及び手、足(片側) 490点

 3 半肢(片側) 780点

 4 内反足矯正ギプス包帯(片側) 950点

 5 上肢、下肢(片側) 1,200点

 6 体幹から四肢にわたるギプス包帯(片側) 1,700点

この中で不明なのは2手指及び手、足(片側) 490点)と3(半肢(片側) 780点)の違いと、3(半肢(片側) 780点)と5(上肢、下肢(片側) 1,200点)ですね。

ちなみに6(体幹から四肢にわたるギプス包帯(片側) 1,700点)は算定したことありません。

半肢

f:id:sasakimaruo:20160904222923j:plain

この写真のように手首から肘以下なら半肢です。下肢でも同じこと言えます。膝で判断します。

これも半肢

f:id:sasakimaruo:20160904223044j:plain

基本的に上腕だけにギプスをすることは無いそうですが、上腕だけギプスをしたら半肢です。肘を超えたら上肢で算定します。

上肢

f:id:sasakimaruo:20160904223421j:plain

前腕と肘や上腕と肘以上にギプスをしたら上肢を算定できます。

下肢

f:id:sasakimaruo:20160904223844j:plain

これも膝を超えているかで判断します。

医療事務として覚えておきたいポイント

ギプスは病名と同じ大きさだとは限りません。病名が「橈骨遠位端骨折」(手首の骨折)でも肘までギプスをしていたら上肢を算定してOKです。

カルテや伝票が見づらくて勝手に病名から判断すると間違えて算定する可能性があります。

実際にギプスを巻いたところまで算定しましょう。