男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

Do入力(Do登録・Do処方・定期Do)について。移行作業が大変。

Do入力(Do登録・Do処方・定期Do)っていろいろ言い方があるみたいです。

この「Do」は医療事務や医療機関で働く人は基本ですね。今日はDo入力(Do登録・Do処方・定期Do)について書いてみたいと思います。移行作業が大変なんです。

f:id:sasakimaruo:20160905222319p:plain

Do入力(Do登録・Do処方・定期Do)の意味

Do入力・Do登録・Do処方・定期Do(以下、「Do変更」で統一)は医療事務のなかでも紙カルテを使用している病院は苦労しますね。

カルテにずっと「Do」って書かれると処方薬を調べるのに時間がかかります。

doとは、処方箋やカルテに記入する際に、「同じ」を意味する略語として使われる記号のことである。「繰り返す、コピーする」の意味の英語「ditto(ディトウ)」に由来する。「前回do」、「Rp. do」、「do処方」などと書き、全て「前回と同じ処方」を意味する。

do | 看護用語辞典 ナースpedia

通常は前回処方がわかるように登録作業を行います。

医事会計システムやオーダーリングシステム。電子カルテなど使用しているシステムに登録を行うと前回処方が確認できます。

僕が働いている病院は紙カルテでアナログなので、医師が処方せんに「登録」「入力」「削除」「追加」と書いてきます。それを医事課でピックアップして入力作業をおこなっています。

毎日500人くらいの外来患者がいますので、医師からの「Do」変更依頼の結構な枚数になります。

未経験スタートの僕にはありがたい仕事でした。

3年前の僕は薬の名前なんてロキソニンとかアレグラくらいしか知りませんでした。高血圧や脂質異常など内科では定番の薬だって知らなかったのだから、考えるとよく覚えたもんだと思います。

そんな未経験スタートですが、この「Do」変更の登録作業は薬剤名を勉強するいい機会でした。

毎日のように「Do」変更をやっていれば、院内の医師が処方する薬剤名は嫌でも覚えていきます。僕は薬剤名を暗記するように覚えることなく自然と覚えました。

そんなDo変更が移行できない!!

もうびっくりですよ。

新医事会計システムの導入作業を行っているのですが、システム会社が違う事で登録してある「Do」が完全移行ができません…。

いったい何件の「Do」が登録されていると思っているんだ。

詳しい事はわかりませんが、マスタの登録方法が違うそうです。このままでは導入後に医師からクレームが多発します。なので手作業で修正する事になりました。

9月は手作業で移行を行う日々がスタートです。