男性医療事務員の戯言

医療事務でメシ食ってます。愛妻家です。

予約(後日)で超音波(エコー)検査。外来管理加算を算定すると査定だよ。

先月に続き外来管理加算の査定がありました。

査定する内容が減るにつれて重箱の隅をつつくような細かい所をチェックされるようになりますね。査定ゼロの医療機関ってあるんでしょうか?

今日は初診や再診時に超音波(エコー)検査を予約して、後日検査のために来院する患者さんの、予約日「再診時」の外来管理加算についてです。

f:id:sasakimaruo:20160918233228p:plain

結論から言うと外来管理加算は算定できません。

まず、内容の前提条件がややこしいのでもう一度整理しますね。

9月1日 9月3日
再診 超音波検査
外来管理加算NG 外来管理加算NG

つまり両日とも外来管理加算は算定不可という事になります。

検査日の外来管理加算は算定できないのは基本です。

これは以前の記事でも書きましたが、外来管理加算は算定できる項目と出来ない項目があります。

www.office-iryoujimu.com

以下の診療を行っていたら外来管理加算は算定できません。気をつけてくださいね。

厚生労働大臣が定める検査一覧

第2章第3部第3節生体検査料のうち、次の各区分に掲げるものをいう。

・超音波検査等
脳波検査等
・神経・筋検査
・耳鼻咽喉科学的検査
・眼科学的検査
・負荷試験等
・ラジオアイソトープを用いた諸検査
・内視鏡検査

こうやって一覧にしてみると外来管理加算ってそんなに算定できませんね。

外来管理加算の算定できない項目一覧。今月の査定。 - 男性医療事務員の戯言

問題は再診時の外来管理加算です。

ここで問題になってくるのは再診時の外来管理加算です。これは通常の再診なら外来管理加算は算定可能ですね。

しかし、初再診の通知をよく読んでみると以下のように書いてあります。

みんな大好き算定本(診療点数早見表)の34ページです。

2 初診又は再診が行われた同一日であるか否かにかかわらず、当該初診又は再診に附随する一 連の行為とみなされる次に掲げる場合には、これらに要する費用は当該初診料又は再診料若し くは外来診療料に含まれ、別に再診料又は外来診療料は算定できない。

ア 初診時又は再診時に行った検査、画像診断の結果のみを聞きに来た場合

イ 往診等の後に薬剤のみを取りに来た場合

初診又は再診の際検査、画像診断、手術等の必要を認めたが、一旦帰宅し、後刻又は後日 検査、画像診断、手術等を受けに来た場合

ここに書いてありましたね。

以前は査定対象ではなかった。

僕の働いている病院では今までは査定されていませんでした。今月から急に査定になりました。まぁ正しい形なので文句は言えません。

レセプト博士のチェック制度が高まるにつれて査定内容も変化してきますね。

日々カスタムを行い最低現象していきたいと思います。

www.office-iryoujimu.com